次世代型組織づくりのすすめ(セムコスタイル,ホラクラシー,サーバントリーダーシップ)

ホラクラシー経営、サーバントリーダシップ、ネットワーク型組織、ノマドワークスタイル。近年、このような次世代型の会社組織がじょじょに台頭し、組織変革コンサルを手がける当社でも次世代型の「びりかん式経営」を実践しています。このブログではそのノウハウをご紹介。

楽しく生きたいなら親の言うことを聞くな。

-shared-img-thumb-PP_gekoucyuunojc_TP_V
 
 
前に友人が運営している学習塾に呼ばれて
中学生の生徒さん数人にお話する機会が
ありました。

どんな話をしてもOKとのことだったので
僕がお話したことは、

「親の言うことを聞くな。」

というものです。

「そんなこと学習塾の生徒に言ったら
 勉強しなくなるんじゃないの?」

と思った人もいるかもしれませんが
結論からいうと、僕の話を聞いた後、
むしろ彼らは率先して勉強するようになり、
成績は伸びたそうです。(笑)


では、どんな話だったかというと
こんな話をしました。


「もし、君たちのお父さんやお母さんが
 毎日楽しそうに幸せそうに生きてない、
 働いてないなら、言うことは鵜呑みに
 しない方がいい。

 だって、楽しそうに生きてない人の
 言うことを聞いたら、自分もそうなるって
 ことだからね。

 ただ、お母さんたちはそれでも君たちに
 良かれと思って色々言ってくる。

 だから感謝はした方がいい。

 でも言うことはあまり聞くな。
 それは不幸への道だから。

 言うことを聞くんじゃなくて、
 どんなことでも自分で選択した方が
 いいよ。

 もし「勉強したくない」なら
 しなければいい。
 
 自分でそれを選択するなら。

 ただ1つだけ言える絶対的なことは、
 君たちの人生の責任は間違いなく
 自分たちで負うことになる。

 100%確実に。

 だから、後悔のないように
 自分で選択したほうがいい。

 「やりたくないことをやらされた」

 って嘆いても、どうせ自分の人生の
 責任からは絶対に逃げられない。

 勉強するにしても、しないにしても
 自分の意思でやったほうがいいよ。

 親の言うことを聞くんじゃなくて、 
 自分で考えて、何が最適かを選んで
 行動するといい。

 君たちの人生を楽しく幸せにできるのは
 君たち自身にしかできないから。

 どういう選択をしたら、
 自分が楽しく幸せになるのか
 自分の責任の元に決めなさい。

 あえてしつこく言っとくが、

 親の言うことは聞くな。

 先生の言うことも聞くな。

 自分以外の誰かの言うことを聞くな。

 人から言われたことと同じことを
 やったとしても、自分の選択として
 やんなさい。

 そうじゃないと自分で自分の人生に
 責任を持てなくなるから。

 それは不幸への道だよ。」


文字で書くとなかなか難しいですね。(^_^;)

でも、なんかこう彼らは

「あ、親のせいにできるものなんて
 ないんだな。」

ってのを感じ取ってくれた
ような気がします。

しかし、あの話で成績が伸びるとは。(笑)

子供って僕らが思ってるより
はるかに賢いですね。


==========================
編集後記
==========================

前回の話はかなり反響が大きくて
びっくりしました。(^_^;)

結構あの話に共感する人って
多いんですね。

次回は、

「スピリチュアルとキャッシング」

とかのテーマで書いてみようかな。(笑)





>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




食えてない自由人に惑わされるな。

-shared-img-thumb-INA99_saifuaketara1en_TP_V
 

今日はちょっと辛口です。


たまに定職につかず、
バイトなどで生計を立てつつ、
NPOを手伝ったり、
似たような仲間とボランティアイベントを
楽しそうに開催してる人たちっていますよね。

こういう人たちは、普通に会社員として
働いてる人が悩んでいると、決まって

「もっと自由に生きなよ〜」

みたいなことを口を揃えて言ったり
しますが、彼らの話を鵜呑みに
してしまうのは危険だと僕は思います。

なぜなら、彼らの大半が、
ほとんど自力で飯が食えていない、
最低限の生活費すら稼げていないからです。

こういう人たちは、最低限のビジネススキルを
身につける前に安易にそういう自由人モドキに
逃げてしまった人も多く、そもそもスキルが
低いので、何をやっても大して稼げません。

自由人モドキと書いたのは、
彼らが本当の自由人ではないからです。

「自由人を気取っている人たち」

とでもいうべきでしょうか。

自力で最低限すら稼げないので
一見楽しそうに見えますが、
実は経済的な制約が大きくて、
それが彼らをいろんな場面で苦しめます。


そういう現実を見てみないふりをして
無理をして楽しそうにしている人の方が
多いでしょう。

もちろん本人はそういうのに
向き合いたくないので、
そういう自由人モドキの人たちは

「楽しいし幸せだ。」

と言い張りますけどね。(^_^;)


本当の自由人になるためには、
最低限の力が必ず必要です。

「稼ぐための力」です。

もちろんこれは手段であって
目的ではありませんが、
この経済社会の中で生きようと
するとどうしてもこの力は外せません。


今、目の前の仕事に意味を見出せなく
なっている人へ。

あなたがすでに最低限の稼ぐ力を
身につけているなら、不安は少し脇に置いて
もっと自分の自由や楽しさを追求してみる
といいでしょう。

あなたがまだ最低限の稼ぐ力を
身につけていないなら、自由人モドキ達に
惑わされず、目の前の課題を一生懸命クリアし
集中して最低限の力を身につけましょう。
一般社会の人に認められるスキルになって
初めて本当の自由人へのスタートラインに
立つのだと思います。

※注意:自立できてない自由人モドキ達に
認められてもあまり意味ないのでご注意を。


==========================
編集後記
==========================

結構ブラックユーモアも
好きなので、深夜にやってる

「おそ松さん」

が結構ツボです。(笑)

今回の自由人モドキの話は、
19話のチョロ松の

「自意識ライジング」

が近いかと思います。(笑)



>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




清く正しくなんて必要ない。

IMG_3704
 
 
先週末は認定講座を開催しました。

この講座では、参加者に

「自分のしたいこと=ビジョン」

を書き出してもらうワークなどを
やっているんですが、出てくる反応
として多いのが、

「僕にはそんな立派な夢とか
 描けません。」

というものです。

僕は一言も、

「世の中のためになる立派な
 ビジョンを描いてみましょう。」

なんて言ってないんですが、
どうも

夢というのは清く正しく
世のため人のためになるような
ものでなければならない。

というような思い込みが強いようで
勝手にそのようなルールを自分で
決めて描こうとするので、あまり
うまく描けなくなります。

これはコンサルとして経営者に対して
ビジョンをヒアリングするときにも
似たようなもので、

「社長のビジョンを教えてください。」

というと、

「社会貢献的なものじゃないと
 ダメですよね?」

みたいな質問を受けることがあります。(^_^;)


この際はっきり書いておきますが、
僕から言わせれば、


「清く正しく
 世のため人のため」


なんて、くそくらえです。

そんなつまらないものは、
テッシュに詰めて丸めて
トイレにでも流しておいてください。

とぐらいは言いたいです。(笑)


僕らが生きているのは、

清く正しく生きるためでも
世のため人のためでもありません。

自分が楽しく幸せに
生きるためです。

自分がしたいことを
ワクワクしながらやるためです。

その「したいこと」に
貴賎など一切ありません。


別に、

「大金持ちになって豪遊したい」

でもかまいません。

「超セクシーな美女を何人かはべらしたい。」

大いに結構じゃありませんか。

「あまり気合を入れて働かず
 だらだらと過ごしたい。」

「週の4日ぐらいは一人で
 家に引きこもって朝から晩まで
 テレビゲームに没頭したい」

それがあなたのしたいことなら、
もちろんそれも素晴らしい立派なビジョンです。


あなたの人生の一番の
優先事項は、

自分を幸せにすること

であって、極端にいえば

多少人に嫌われようと
世の中に迷惑をかけようと
自分の幸せが一番大事なのです。


「そんな自己中心的で
 わがままでいいの?」


もちろんです。

そのために僕らは
生きてますからね。

間違っても、
世のため人のためになんて
生きようとしないでください。

堂々と胸を張って
自分の幸せのためだけに
生きていきましょうね。(^ ^)

本来その生き方は、
恥ずかしいものでもなんでもなく、
当たり前のことなのですから。
至極当然のことなのですから。


==========================
編集後記
==========================

今週末は土日ともに仕事でした。

充実した内容でしたが
疲れたので今日は少し
ゆっくりしようと思います。(^_^;)

僕はまったりするのも好きなので
仕事と休みのバランスも大事です。



>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




知らず知らずに期待してしまうのをもうやめよう。

-shared-img-thumb-150912235948_TP_V

僕らは知らず知らずのうちに
いつのまにかいろんなことに期待して
日々生きています。

たとえば、

「なんだよ、あのコンビニの店員、
 愛想悪いな〜。」

「電車が遅延!?
 急いでるのにふざけるなよ。」

「おいおい、約束しといて
 20分も遅刻しやがって。。」

というような場面。

これはつまり、言い変えれば、

・愛想よいことを期待している

・電車は遅れないものと期待している

・時間をきちんと守ることを期待している

わけです。


「え? いやいや、期待とかじゃなくて
 当たり前でしょう?」

そう思った人も少なくないと思います。

まさにその「当たり前」という認識。

それが「期待」なのです。


この当たり前=期待のレベルが高い人ほど
日々の生活でイライラが増えてしまいます。


逆にいえば、この期待のハードルをさげる、
当たり前なことなど1つもない、というのを
常に意識すれば、イライラどころか
楽しくすらなるのです。


もしあなたが毎日イライラするのに
疲れているなら、期待をやめて
みませんか?

そして、これを目指してみませんか。

・全然期待してなかったけど、
 コンビニの店員さん、無愛想ながら
 挨拶してくれた。いいじゃん。(^ ^)


・全然期待してなかったけど、
 10回中1回しか電車遅延しなかったぞ
 すばらしい。

・全然期待してなかったけど、
 わずか20分遅れでちゃんと
 来てくれた。よしよし。


とまあ、ここまで前向きには
捉えられないとしても、(^_^;)


最初から全然期待しない。

というだけでもかなり心穏やかに
なるはずです。


また、「イラっ!」とした時に
自分は何を期待していたのか?
何を当たり前だと思い込んでいたのか?

を探ってみるだけでも
かなり落ち着けるはずです。


是非お試しください。(^ ^)


==========================
編集後記
==========================

最近、美容系の会社さんを
お手伝いする機会が増えました。

やりとりしてると、
スキンケア・ヘアケアの
意識が高まります。(笑)


>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




妻や夫と価値観が違う時には?

-shared-img-thumb-C778_yameteanata_TP_V

仕事の話とは一旦離れて今日は
夫婦のお話をしたいと思います。


「奥(旦那)さんと価値観が合わず困ってる」

こういう話は結構多くありますよね。

未婚の方は、

「価値観が合う人と結婚したい」

と言ったりしますが、人間はとても
多様なので、現実的には価値観が
ぴったり合う人というのは基本的には
存在せず、やはりいろんな価値観の
違いがでてしまうものです。

また、心理学的に言っても、
むしろ人間は自分とは真逆のタイプに
惹かれるようにできてるところがあり
ますから、なおさら価値観ギャップは
生まれやすく、そもそも結婚というのは
このギャップを二人で乗り越えていく
ゲームであると思ったほうが
懸命だと思います。

そもそも

「価値観が違う。。」

と悩むのは、結婚というものを
勘違いしている証拠みたいなものと
捉えれば、これは悩みですらなくなる
のかもしれませんね。

だって、スーパーマリオをやっていて

「クリボーが出てくる。。」


って悩む人いませんからね。(笑)


というわけで、

「価値観違うの受け入れゲーム」

を夫婦で前向きに楽しみながら
人生かけてやってみるのがいいかと
思います。


価値観がそもそも違いますから

当然喧嘩もガンガンしますし、

言い争いもしますし、

時にはすれ違いに悲しくなりますし、

口を聞きたくなくなる時もあるでしょう。

いつも大変な分、たまに共感できたり
わかってもらえた時は嬉しさもあるでしょう。

それをエネルギーにしてまた一歩
ぶつかり合いながら
喜怒哀楽を楽しみながら
たまに少しだけわかるけど
でも全然わかんねーことだらけ。

という数十年もかけて
二人で一緒にやるゲーム。


それが結婚というものだと
僕は思います。


つまり、
結婚式ってのはゴングです。(笑)


でもね。

そうやって喧々諤々やりあって
でも諦めずに続けたその先には
いろいろいいことも多いんですよ。


僕は今、結婚15年目ですが、
これは自信を持って言えます。(^ ^)

信じられないほど大変だけど
かけがえのない素晴らしいもの


それが結婚というゲームだと
僕は思います。



==========================
編集後記
==========================

ちなみに妻とは
学生の頃付き合い始めたので
出会いからすると20年近く
経過しています。

両親よりも過ごした
時間長いです。

そう考えるとすごいなあ。

ここでこっそり。

いつもありがとう。


>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




責任の捉え方でストレスが変わる。

-shared-img-thumb-Green11_kessai20141123152655_TP_V
 
不満やストレスが多い人と
そうではない人を比較すると
明らかに主語の認識が違います。

あなたは、「会社」という
単語を主語に使う際に、
どういう捉え方をしている
でしょうか?


「会社が◯◯◯。」

と言う時に、

会社=社長
会社=自分以外の誰か

なのか

会社=私
会社=私を含めた集団

なのか


この捉え方1つで不満の大小は
大きく変わります。

「社内みんなの意思疎通ができていない」

たとえばこういう問題を感じる時に


前者の捉え方の人だと、

「今の会社は意思疎通ができてない」

「社長らは意思疎通する社風を作れてない」

「私は悪くない(被害者)」

という解釈になるので、

一方的な被害を受けてる認識なわけですから
そりゃあ不満もストレスも大きいです。(^_^;)


一方、後者の捉え方の人だと

「今の会社は意思疎通ができてない」

「私は意思疎通する社風を作れていない」

「私にも責任がある(加害者でもある)」

という解釈になります。

責任感は感じる一方で、一方的な被害者
ではないことも認識しているので、
前者の人にくらべて不満やストレスは
比較的少ない場合が多いです。


これはどちらが正しいという話
ではありません。

そうではなくて、

被害者として不満の中に生きるのか

それとも

加害者でもある認識をして
責任の中に生きるのか


その選択は、あなた次第ですよ
というお話です。

ちなみに後者の方で責任感が強すぎると
それはそれでまずいことになります。

全ての責任を取ろうとすると
無理がありますからね。(^_^;)


「全てに責任がある」

と認識することと、

「全ての責任を取る」

というのは違いますから
要注意です。


さて、楽しく幸せに働く方向ですが、
僕の意見をまとめると下記のとおりです。


主語を

「会社=私、私たち」

に変える。

「私にも全てのことに責任がある」

という認識をする

全ての責任を取ろうとはせず
自分の気持ちや生活も大切にしながら
やれることを日々やる


こんな感じでしょうか。


何度も言いますが、
これが正しい道という意味ではありません。

被害者として生きる道も
責任のない気楽さがあったりしますから
それを選択したい人はしたらいいと思います。

ただしそれが自分の選択であるという
認識は持っておいた方がいいでしょう。


あなたの人生の選択は
あなたが責任をもって
行ってください。

あなたにしかできません。


==========================
編集後記
==========================

週末あたりから
急に暖かくなりましたね。

寒いので出不精になってましたが
そろそろジムやウォーキングも
再開したいと思います。

体重がやばいことに
なり始めてるので。(^_^;)


>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




不満を生み出す「してあげてる」という心理

 
-shared-img-thumb-TSU89_kuchiwohenojinisuruwebd_TP_V
 
俺がこんなに頑張ってやってやってる
のに、周りのやつはなんなんだ!(怒)


私がこれだけあなたのために
してあげてるのに、なんで
そっちは何も返さないのよ!!(怒)


頑張っている人の中には、
時折こういう不満を持つ人がいます。

「◯◯してあげてるのに!!」

という不満です。

仕事だけでなく、夫婦関係や
親子関係でもよく見かける不満
のかたちですね。


あなたの中にもそういう不満
たまにあったりしますか?


今日はその

「してあげてるのに!」

という不満を解消する秘訣を
お話したいと思います。


これは結構シンプルな話で、

「してあげてるのに!」

という不満を解消したいなら
人のためや社会や家族のために
頑張ることを今すぐにやめれば
解決します。


「え?そしたら誰がこの仕事
 どうするの?」

「そしたら誰が家事すんの?」

「そしたら誰がこの子の
 人生の責任をとるの?」

とお思いになったでしょうか?

心配になるのはわかるんですが、
とりあえずそれでも一旦、
人のため、自分以外の何かのため
にやっていたことを試しに
ストップしてほしいのです。

そして何をするかというと、
それを止める代わりに、
自分のしたいことをしてください。


旅行に行きたいなら行きましょう。

美味しいものを食べたいなら
素敵なレストランに行きましょう。

部屋にこもって本を読みふけっても
いいでしょう。

一日中ゆっくり寝ててもOKです。


好きなことを一切何も気にせず
やってください。

それができたら、すぐにでもこの

「してあげてるのに!」

という不満は解消できます。

なにせ、してあげてませんからね。(笑)


思い切ってやってみると
気づくのですが、そうやってみると
意外とあなたの心配は単なる妄想で、
周りの人があなたの代わりに頑張って
くれたりするものです。


そしたらね。

「してあげてるのに!」

という心理状態から、

「やってもらってありがたいなぁ」

という心理になってきます。


この状態になると、
人はお返ししたくなるので
こちらもやってあげたくなります。


そしたらまた、
仕事したり家事したり
育児すればいいと思います。


人のためにするんじゃなくて
あなたがしたいからするのであれば
どんなことでも不満はたまりません。


結局やってることは元と変わらず
ただあなたの心理状態だけが
塗り替えられます。


「してあげてるのに!」

という不満の状態から

「ありがたいな。お返ししたいな。」

という幸せな状態に。


どんなことをやるにしても
後者の方が気持ちいいですよね。

だったら、
心理状態がそうなるように
自分のこともしっかり大切に
してあげてくださいね。


結局のところ、この不満は
あなたがあなた自身を
大切にしていないから、

あなたがあなた自身に
不満を持っているんです。


なによりも自分を大切に。

あなたを幸せにするのは
あなたしかできませんから。


==========================
編集後記
==========================

認定講座開催まであと約1週間です。

ご興味ある方はお早めに。(^ ^)
http://happyworkstyle.org/course/counselor/





>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




組織変革コンサルタント 信國 大輔
記事検索
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード