どんな職場でも楽しく働けるようになる!ハッピーワークスタイル実践Blog

つい「会社行きたくない」「仕事したくない」と考えてしまうあなたへ。1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える!たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる方法をご紹介。面倒な職場の人間関係を劇的にラクにするテクニックや自分のモチベーションを数倍に高める夢の描き方など。

残業が及ぼす悪影響とその構造を正しく理解しよう。

-shared-img-thumb-MAX85_gominonakasagyou20141123131607_TP_V
 
ネタがない・・・。

本題じゃなく
前置きの(=お笑いの)・・・。


笑神様がほしい。。(-_-;)


「39番でお願いします。」


「手マフラー。」


・・・。

・・・。



それでは今日のご相談です。(^ ^)

(ここから)

残業についてのご相談です。

明日までの期限の仕事などでどうしても
遅くなってしまう日は仕方ないのですが、
早く帰れそうな日でも、なんとなく社内に
定時で帰りづらい雰囲気があり、
ついつい明日でもいい仕事をとりあえず
やって、毎日残業が続いてしまいます。

すると週末以外は全て仕事だけの生活
になってしまい、ちょっとなんだかな〜
と嫌になったりします。

こういう時、思い切って帰れる時は
帰るのがやはり良いのでしょうか?

それか残業代もらえるし、まあいいかと
自分を納得させるのがいいのでしょうか?

(ここまで)

ご相談ありがとうございます。

このご相談、前に書いた有給が取りづらい
という話とよく似ています。

結論から言えば、

「思い切って早く帰れる時は帰る」

が良いと思うのですが、
ではその構造について少しお話したい
と思います。


仮にいまの「帰れる時も残業」という
状態を続けるとどういうことが起きるか
という構造を単純化して書き出すと
こんな感じです。


(1)帰りづらいので残業する。
 ↓

(2)毎日続くと疲れる。
 ↓  モチベーションも下がる。

(3)会社としては残業代(=コスト)
 ↓  が肥大する。
   本人は生産性が徐々に落ちる。

(4)会社としてはコストが肥大して
 ↓  利益が減るので、売上を増やそう
   とする。仕事が増える。
   本人は生産性が落ちてるので
   仕事が遅くなり、より残業して
   しまう状態になる。

(5)仕事が増え、かつ生産性が低い
   ので、残業が定常化する。
   もはや、帰ろうと思えば
   帰れる日すらなくなる。


このように、会社も本人も
面白くない状況に陥ります。(-_-;)

ちなみに、さらに真面目な人だと、
(1)でサービス残業をやってしまったり
します。

そうすると確かに一時的に会社の
コスト増はなくなりますが
その分モチベーションへのダメージは
さらに深刻になり、長い目で見ると
この構造をさらに悪化させてしまったり
します。(T ^ T)


タダ働きしてさらに状況悪化とか
泣くに泣けないですね。。



では、「帰れる時は帰る」
を実践するとどうなるでしょう?


(1)帰れる時は定時で帰る。
 ↓

(2)リフレッシュできる
 ↓  ストレス軽減
   スキルアップ学習の時間も取れる

(3)会社は残業代を最小限にできる
 ↓  本人は生産性復活

(4)会社は同じ売上でも利益率が高まる
 ↓  本人は生産性が復活してるので
   より早く仕事をこなし、さらに
   定時で帰れる日が増える

(5)生産性が高く残業しなくても
   同じ量の仕事を回せるので
   会社は利益体質確保、
   現場はどんどん残業から解放
   されるようになる


もちろん上記のように簡単には
スムーズに行きませんが、とはいえ

帰れる時は帰って
ちゃんとリフレッッシュする

というのは、「生産性を復活させる」
という意味で大事な仕事の
一環じゃないかと僕は思います。

さらに、その余力を活かして
(2)にも書いたように、
「スキルアップ学習」なんか
できたりするとさらにいいですね。(^ ^)

本人の能力そのものが向上すると
生産性がさらに高まり、この
好循環を加速させやすくなります。


いかがでしょうか?

今まで漠然となんとなく心情的に
帰りづらいから帰らないという選択が
実は状況をさらに悪化させてしまう
構造になってしまう・・・

ということをまずは理解するだけ
でも、少しは帰りやすくなるのでは
ないでしょうか?


さらに対処法としてお伝えすると、
可能なら、

「いかにして生産性を上げて
 残業代というコストを減らすか?」

という課題について職場のみんなと
話す機会を自分から作ってみるのも
ありだと思います。(^ ^)


そうして、前述した構造なんかを
みんなで認識できれば、もっと
帰りやすくなるのではないでしょうか。

「でもそんな議題、
 怖くて言い出せないです。(-_-;)
 働きたくないって言ってるような
 もので・・・。」


という人もいるでしょうか。

そういう人のために
もう少しつっこんで議題に
ついても話しておきます。


これ、結構重要なんですが、議題が、

「残業を無くすには?」

では不十分です。

これだと、経営者や上司からすれば、

現場が会社の売上とか利益を無視して
自分たちの都合だけを優先しようと
している

という風に感じられるでしょうし、
実際、残業を無くすだけでは何の
解決にもなりません。

必要な残業というのもありますし、
仕事を終わらせずに残業だけ無く
したら、売上や顧客満足度に
甚大な被害が出て、会社も現場も
痛手をこうむります。


なので、議題としてはあくまで
現場も会社もどちらもwinwinに
なるようなカタチになっている
ことが望ましいです。

最初にあげた

「いかにして生産性を上げて
 残業代というコストを減らすか?」

は、まさにそうなっていますよね?

こういう議題だったら、
ほとんどの経営者は
ウェルカムなはずです。(^ ^)

むしろ現場の意識が高まったと
喜ぶ人もいるでしょう。


以上、参考になれば幸いです。


さあ、時間内でバリバリやって
さっさと帰って美味いビール
飲もうぜ! (≧∇≦)


>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




夢とか「やりたい」がない時のモチベーションの高め方

-shared-img-thumb-AL201_nomikai1320140830185950_TP_V
 
最近うちの会社のIさんが、
「面白くなりたい!」と言って
お笑いの研究を頑張ってます。


「・・・仕事しろ。(^_^;)」


という心の声はおいといて、

真面目にお笑いの研究に
取り組むので、やればやるほど
狙いに行ってる感が出てしまい
笑えません。(-_-;)

とまあ、そんなIさんから、

この間、記事を何度か褒められました。


「いやーDJラオウよかったっすわー」


「この前の記事の前置き
 むっちゃ面白かったす(笑)
 さすがっすね!」


・・・・。



メ・・・



メイン部分、読んでくれ・・・(T ^ T)




さて、今日のご相談です。
 ※こっからだよ、メインここだよ。(心の叫び)


(ここから)

モチベーションを高めるのに
夢や自分がしたいことを大切にする
というのは分かるんですが、
正直そんなこと言われても
今は特にありません。

夢とか言われても・・って感じです。

そういう場合、やる気を高めるのは
難しいのでしょうか?

(ここまで)


ご相談ありがとうございます。(^ ^)

そうですね。

実は簡単に夢を描くと言っても、
多くの人にとってはハードルが
高いようです。(^_^;)

描き方の技術の問題ではなくて、
そもそも描くものが思いつかない
という状態ですね。

でも、こんな状態に人にもできる
モチベーションの高め方が
実はあります。( ´ ▽ ` )ノ


それは・・・


「やりたくないことをやらない」


という方法です。


夢が描けないという人にも、

「やりたくないことはありますか?」

と聞くと、むしろそういう人ほど
山ほど出て来ます。(^_^;)


残業したくない
土日に仕事したくない
上司と話したくない
飲み会行きたくない
あのお客さんやりたくない


こんな感じでしょうか。


これってつまり、
やりたくないことばかり
いつもやっているせいで、
夢を描くのに大事な
楽しいとかワクワクする気持ち
が封印されているような状態です。

なので、もしあなたが夢を描くのが
難しいと感じているとしたら、
まず最初にこの


「やりたくないことをやらない」


というのにフォーカスしてみるのも
1つの手です。


では、具体的にどうするかというと
まずは手をつけ始めやすいところから
じょじょに始めてみます。

たとえば、行きたくない飲み会は
病気を理由にできるだけ休む

とか、

話したくない上司とは、
なるべく簡潔にスピーディに伝えて
会話数を極力減らす

とか、

そういう感じです。


そうすると、今までは

「仕方ない。」

と諦めていたものが、
よくよく考えてみると、
したくないことを極力減らす
ためにできる工夫はまだまだ
あることに気づきます。


タイムマネジメントスキルを
しっかり身につければ無駄な
残業や土日出社しなくてすむ
かもしれませんし、

コミュニケーション能力が高まれば
うまく有給をとったり、
上司とのスムーズなやりとりも
可能かもしれません。

意外と交渉したら、
お客さんの担当替えを
してもらえるかもしれません。


やりたくないことをやらないために
どういう創意工夫ができるか?


そういう視点でいろいろ
取り組み始めると、
一歩一歩状況が改善するにつれて
あなた自身も面白くなってきます。


そして、やりたくないことに
奪われていたエネルギーが戻ってくると
じょじょにあなたに

「これがやりたい!」

とワクワクするエネルギーが
湧き始めたりします。


本当はね。

やりたいことをやる
やりたくないことはやらない

は表裏一体で、

どちらもあなたの夢なんですよ。


だから、やりたいことが
見つからないなら、まず
やりたくないことをとにかく
1つでも減らしていくこと。

そして、できた隙間に、
なんでもいいからやりたいこと
を増やすこと。
 ※昼にビールでも旅行でも
  なんでもOK。

そういう地道な取り組みが
本当に大事です。


ぜひ自分で自分を幸せにするために
創意工夫していってくださいね。(^ ^)



>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




大人と子供の線引きとは?

-shared-img-thumb-HOTE86_sotowomitumeruoyako15142451_TP_V
 
今日は少しいつもの記事と趣向を変えて、
とある方から相談を受けた時のメッセージ
のやりとりをそのまま原文で掲載したい
と思います。


■相談者

信國さん
こんばんは。

いつもメルマガ楽しく読んでいます。

一つ、私から相談というか、
意見をお聞きしたいことがあります。

メルマガのネタ提供になれば幸いです。

それは、人からの見られ方についてです。

信國さんの考えを勝手に解釈すると、

「人からどう見られるかではなく、
一人一人が自分らしくいることが一番」

ということだと思っています。


私もそう思います。


しかし、誰かと関わるためには、どうしても

「相手からどう見られるか」

を気にする必要があります。


一般的には、思いやりや
コミュニケーション能力と言われるものです。

確かにそれは最低限必要ですが、
自分が望まない様な行動、
あり方をしなければならない場合もあります。


私はまだそれをすんなり
受け入れられる度量がありません。


世間からは「子供だ」
と言われることだと思います。


相手から見られる事を前提に動ける様に
なることが大人であるならば、
大人と子供の線引きはどこにあると
お考えでしょうか?


私は、「自分を素直に出すよりも、
相手や周囲に合わせた方が得な場合、
合わせることが出来るのが大人」
だと思っています。

ただ、それを考えると、大体の場合で
相手に合わせることになりませんか?

誰か別の人の皮を被って生きることに
なるのではないかと思います。

なんか自分の中で上手く納得できません。

お時間のあるときに、
お応えいただけると嬉しいです。

メルマガのネタになれば幸いです。
よろしくお願いいたします。




■信國

おはよう。メッセージどうもです! 
たしかこれは何かの本で読んだ
受け売りなのですが、

相手を「気にして」行動するのか、
「気遣って」行動するのか、

は違うって話がちょっと参考に
なるかもしれません。

「気にする」はあくまで利己的で
自分が不利益を被らないように
恐れから相手に合わせる感じですね。


「気遣う」は、相手への思いやりや
優しさから、相手がいたずらに気分を
害さないように配慮するという感じだと
思います。

なにが大人でなにが子供かは
人によってこれまた常識が違うので
一概には言えませんが、
今回のような話だと、

「気にする」のが子供、
「気遣う」のが大人
なのかもしれません。



「自分の気持ちを大切にする」

というのと

「相手を気遣う」

というのは相反する部分も
あると思います。ただ、その2つを
うまくバランスとって両方良しにする
のが大人なのかもしれませんね。

さらにいえば、
自分と相手だけじゃなく、
自分と相手と家族と会社と・・
みたいに気遣う領域を
広げようと思えば広げられます。

どこまでの範囲を
「自己」として捉えるか? 
それが人の器というものかもしれません。
これもまた大人に通ずる話かなと。

ちなみに、じゃあ、あなたの今をどうすんの?
と言われたら、今実践できそうなのは、

・相手の話を傾聴する。
 背景を深く知る努力をする。
 理解しようと努める。

・なるべく感じ悪くなくオープンに
 自分の意見を言える話術を身につける。
 身につけてから言うじゃなくて、
 実践しながら学ぶ。

てなところでしょうか。


あと、なんとなく「子供であってはいけない」
みたいな思い込みも存在するかも。 

ついオープンに言いたいこと言っちゃう
みたいなのも、それはそれで個性とも
言えますしね。

どうあらなければならないか、
どうしなければいけないか、

じゃなくて、

自分のありたい、したいを
大切にするといいかもしれません。


■相談者

信國さん
ありがとうございます。

気にすると気を遣うの違い、
しっくりしました。
その後の器の話も。

昔から、人の話や気持ちを
理解するのが出来ないです。

これまではなんとかなってきましたが、
最近は自分の行動が相手を不快にしているとか、
相手を何も理解できていない、
ということがとても目について、
気になっています。

後、今年結婚をするので、
いつまでも子供ではいられないな、と。
そんな思いで質問しました。

こうやって考えている時点で、
相手の目を気にしていて、
気遣ってはいないのかもしれませんね。



■信國

ちゃんと思いやりや気遣いの気持ちは
持って行動する。

でも結果は手放すといいかも
しれないですね。 

結果相手が不快になる、
あるいは怒るのかどうかは
相手次第なところもありますから。


子供に一番いいのは、
自分のために我慢して生きる親より、
幸せに生きる親の姿だと僕は思います。

まーでも難しいけどね、実際。(^_^;) 
いろいろジレンマとか矛盾とかありますよ。
世の中そんなんばっかです(笑)

ふざけんなってキレる、
いじける、
ダメなとこ見せる、
落ち込む

・・ってのも僕は子供に
普通に見せてます。(笑)

ま、所詮人間ですから。(笑)



■相談者

難しいですね。
少しずつ動いて掴んでいこうと思います。
頑張ります・・・。


■信國

いいすね、素晴らしい。



以上です。

ほんとみんな頑張って生きてるんだなあ。
素晴らしいなあ。



>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




危機感をエンジンにして働くことの矛盾点

-shared-img-thumb-YOTA82_yossya15122540_TP_V
 
先日アップしたDJネタ、
あれは「北斗の拳」好きにはわかる
「DJラオウ」ネタだったわけですが、
 ※検索したらYouTubeで出てきます。

同年代の社員にウケる一方、
10歳ほど年下の社員には、
全くちんぷんかんぷんという
不適切なネタであったことを
深くお詫びいたします。(-_-;)


・・・。


「北斗の拳」を全く知らない人が
いるなんて思わなかったんだもん。(>_<)
(おっさん確定フラグ 涙)


ブログに偉そうに、

「「思い込み」に囚われるな。」

とかいろいろ書いてるわりに、
まだまだ未熟な代表理事で
ございます。。


だって、人間だもの。てへ(*´ー`*)。
(byあいだみつを)


・・・。


さて、今日のご相談です。

今日はラヂオネーム「おにぎり君」から
ご相談いただきました。(笑)


(ここから)

若い時に会社で
「もっと危機感を持て!」と教えられ
これまでそれをエンジンに頑張ってきました。

おかげさまで知識やスキルなども
それなりに向上し、上司などからも
評価されるようになりましたが、
どうもあまり楽しい状態ではありません。

いつも何かに追われているというか・・。

とはいえ、危機感を手放したら
怠けてしまって頑張らなくなりそうで
不安です。

この場合、どうしたら
いいんでしょうか? 

(ここまで)

この相談もいいですね。(^ ^)
ありがとうございます。m(_ _)m


僕がいろんな会社で
お話しをお聞きしていると、
頑張っている人ほど、この

「危機感エンジン」

をメインエネルギーで
活動している人がほんとに多いです。

このエネルギーで頑張ると
成果そのものは出るので、
経営者やマネージャなどに
なることが多く、

そういう人たちが声をそろえて

「危機感を持て!」

と言うので、どうしても
それが基本的なビジネスマンの
常識になっています。


まず結論からいうと、

もし、幸せに楽しく働く事を
目的としたら、「危機感エンジン」
だけでやっていくのはNGです。
(=不幸でもいい人、ドMな人は
 どうぞ。(笑))

かつ、

実は「危機感エンジン」よりも
もっと安定して無理のない
エネルギー源があります。


前者のお話からします。

すでにこの相談者が少し気づいてますが、
そもそも「危機感エンジン」というのは
常に不安や心配を元にしたエンジンですから
このエンジンを動かしている間、
常に辛い状態になってしまいます。

もちろん、達成した一瞬だけは
喜びの時間もあるにはあるんですが、
比率でいうと97対3ぐらいの割合で
不安で辛く苦しい時間が多くなります。

さらに、基本的には
我慢して頑張ってますから、
周りに対しても

「俺も我慢してんだから
 おまえも我慢しろよ!」

という関係になってしまいがちで、
人間関係もわりとギスギスします。

ふわっとした部下に対して
イライラしてる上司はまさに
この状態だったりします。


あ、ちなみに僕は社長で、
どちらかというと同じように
もともとは「危機感エンジン信者」
だったので、今でも気をぬくと、
無意識に平和ボケした若いのに
イラっとするときもあります。(笑)

で、そのときの気分はもう最悪。(^_^;)

おそらく、
この関係で一番損してるのは、
危機感薄い社員を見て
内心ずっとイライラしている
経営者や上司かもしれません。(-_-;)

このように、「危機感エンジン」は、
成果が出る反面、自分の内面にも
人間関係にも悪影響が大きいのです。


「とはいえ、それがなくなったら
 頑張らなくなってしまうんでは?」


そう、この話をすると、
今「危機感エンジン」で頑張ってる
ほとんどすべての人からこのセリフが
出てきます。

これが2つめのお話です。

さきほども書いた通り、
実は「危機感エンジン」よりも
もっと安定して無理のない
エネルギー源があります。
(大事なことなので2回目。(笑))


それは、僕らがもともと子供の頃から
自然に持っていたエネルギー。

「ワクワクエンジン」です。(^ ^)


不安や心配から

「◯◯しなければ!!」

となるのではなく、
好奇心や面白さから、

「◯◯したい!!」

と動くエネルギーです。


このエネルギーはさきほどの危機感とは
まるで逆のことが起きます。

まず、そもそもプロセス自体が
したいことなので、過程も達成した時も
ずっと楽しい時間が続きます。
下手すると達成しなくても、
これはこれで楽しかったなと思えて
しまうぐらい。(^_^;)

97対3で、楽しい時間が
多い感じですね。
(下手すると100(笑))

しかも危機感によって無理に引き出した
モチベーションではないので、
自然なカタチでやる気が長続きします。


さらに、周りとの関係も、

「俺も好き勝手やってんだから
 お前もいいよ。」

「俺も迷惑かけてるし、
 おまえもかけていいよ。」

となりやすく、助け合いや活かし合いが
生まれたりします。


なので、もしあなたが幸せに楽しく働きたい
のだとしたら、今すぐは難しいにしても、
じょじょに

「危機感エンジン」

から

「ワクワクエンジン」

に切り替えていくことをおすすめします。(^ ^)


特に頑張ってる人に僕は
そうなって欲しいと切に願います。

前回と似たような締めくくりですが、
エンジンが危機感であれなんであれ、
頑張ってる人たちの恩恵で、
僕らの世界は成り立っています。

危機感を持って頑張って、結果として
社会に大きな貢献をしている
経営者をはじめとしたそんな人達にこそ、
本当に幸せになって欲しいものです。

そういう人たちが幸せになったら
それは次の世代へと大きな影響与え、
いつか、

経営者も、
幹部も、
マネージャも、
社員も、
その先の家族も、

すべてが幸せに包まれることを
願ってやみません。

この記事がその世界実現に向けて
の一助になりますように。


>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




不満に生きるか?感謝に生きるか?

-shared-img-thumb-LIG_h_officezangyousurudansei_TP_V
 
昨日、家族でららぽーとに行ったら、
中2の長女が

「パパと服見たい〜♪(´ε` )」

というので、
ちょっと内心デレデレしながら
他のメンツと別行動に・・・。


で、娘さんを持つ父親、
あるいは女性なら
もうお察しだと思いますが、


「これ買って〜(*゚▽゚*)」

「あれも〜☆o(≧▽≦)o 」

と、新年早々僕のお小遣いは
娘の服へと消えてゆくので
ありました。

それでも、喜ぶ娘をみて
ちょっと嬉しかったり・・・。


・・・。


あれ、この感覚なんかどっかで。

あ・・・。

キャ・・・。


(-_-;)


はい、余計な話は置いといて
本題いきまーす。


よく幸せな働き方・生き方
という話のテーマで出てくるのが、

起業してオーナー社長になって
がっつり稼いで金融資産作って
早期リタイヤする。

みたいな、有名なところだと
「金持ち父さん 貧乏父さん」
で有名なロバートキヨサキ的な話です。

このジャンルのビジネス書だと、
基本的にはサラリーマンである
間は一生幸せになれないという
ような論調が強いのですが、

人には向き不向きがあり、
この方法論だけで幸せになろう
とするのはちょっと無理があるな
と僕は思います。


では、果たしてサラリーマンで
幸せな人はいないのでしょうか?


実は僕の友人には、僕が

「プロのサラリーマン」

と呼びたくなるような
そんな人が存在します。


その人は超大手有名企業に勤める
会社員です。

ある時、その人と仕事の話に
なりました。

その時に言ってたセリフが
次のようなものです。

「ぶっちゃけ無理難題言われたり
 責任なすりつけられたり、
 大変なことは色々ありますよ。

 でもね、僕には起業するような
 才能はない。

 そんな僕に毎月安定して確実に
 給与を払ってくれてる。
 ほんとありがたいです。

 だから、言われたことを
 自分のできる限りは全てYESと
 答えて黙々と文句言わず頑張るのが、
 僕にとっての誇りです。」


大変な時は土日がしばらく潰れて
深夜残業が続く過酷な期間もある
そうです。

そんな中で出てくるこのセリフ。

不満の中に生きるのか、
感謝の中に生きるのか、

ほんとそれはその人次第だなと
思いました。

どちらが気持ち良く生きられる
方向かは明白だと僕は思います。


もう一つのお話があります。

僕がちょうど起業して数年経ち、
同じく起業して数年経った同世代の
友人と久しぶりに飲んでいた時の
話です。

何年も会社経営していると、
やはり胃が痛くなるような時期は
誰でも経験するものなのですが、
そんなこんなを経験して友人と
話したのはこんな話でした。

「いや〜、自分の好き勝手
 やりたくて起業したけど、
 今もしサラリーマンに戻ったら
 たぶん、前よりもかなり感謝して
 働けるわ〜。」

「たしかに〜。
 だって黒字だろうが赤字だろうが
 とにかく毎月給与が口座に
 振り込まれるんだもんね。
 こんなありがたいことは
 ないよね〜。」

「そうそう、独立したら、
 たとえアホみたいに働いても
 成果でなきゃ0円だからね〜」

「あらためて今まで勤めた会社に
 感謝だな〜。
 会社経営ってほんとすごいよな〜。」


もしこの話が、受け入れにくいとしたら
一度試しに起業してみるのもありかも
しれません。


裸一貫で荒波に揉まれる大変さを
体験すれば、

成功するにしろ
失敗するにしろ

感謝の中で生きることにシフトする
きっかけになるかもしれません。

ちょうど、子供が親元離れて
自分で生活してみてやっと
親のありがたみがわかるのに
似てるかもしれませんね。


親や会社って
ほんとほんと偉大な存在です。


僕らはその上で
生かされています。

守られているのです。


>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




ただ生きているだけで素晴らしい。

OHT85_jagaimosora500
 
 
とうとう大晦日ですね。(^ ^)


今年最後の投稿です。


みなさん、今年はどんな一年でしたか?

大変なことも、楽しいことも、
辛かったことも、悲しかったことも、
腹が立ったことも、嬉しかったことも、

いろいろ、いろいろあったと思います。

いろんな人の悩みや相談に触れるたびに、
そして自分でも色々トライしてみて、
最近思うんですが、

「生きる」ってほんと大変ですね。(^_^;)


成果が出なかったり失敗したりとか、
大事なものを失ったりとか、
切望してるものが手に入らなかったりとか、
思い通りにならなかったりとか、

そういうことに
のたうちまわりながら、

このままじゃいけないとか、
もっと成長しなきゃとか、
もっと向き合わなきゃとか、
自分に価値はあるのかとか、

そういうことを自問自答しながら
歯を食いしばってみんな生きている。


いやー、しんどいですよね。


今年一年、

自分ではなにも成長できなかった
と思う人もいるでしょう。

全てから逃げまくった人も
いるでしょう。

向き合わずに心凍らせ続けた人も
いるでしょう。

自分のことが嫌いになった人も
いるでしょう。

絶望的な状況に
途方にくれた人もいるでしょう。

あの人のようになりたいと願っても、
なれないことを知った人もいるでしょう。


そういう「大変さ」の中に
僕らは生きています。


そして、その「大変さ」の中を
僕らはまた1年間生きてきました。






いや、まじ、すげえよ。

さらに1年も生きたんだぜ?






これを見ている全ての人へ。


これを見ているということは
あなたは今年も1年、
生ききったという証拠です。


それはとんでもなくすごい事です。


みんな、さも当たり前のように
生きているから気づかないかも
しれないけど、


それはとんでもなく尊い事です。


せめて今日ぐらいは、
自分を責めるのをやめて、
思いっきり褒めてあげてください。

「一年間よく頑張った。よく生きた。
 えらいぞ、自分」

って・・・。


ただ生きているだけで、
あなたは本当に素晴らしい。


良いお年を。



追伸:
1/1〜3までは投稿もお休みします。(^ ^)

>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちら
いつでも友達申請歓迎でーす。(≧∇≦)




==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




なにが正しくて、なにが正しくないのか?

-shared-img-thumb-OOK88_inoruookawasan_TP_V
 
こんにちは。DJノブウで〜す。

はーい、今日も悩めるリスナーから〜

こ〜んなおハガキいただきました〜。

はがき「ノブウさん、こんにちは。」

ノブウ「はい、こんにちは。」

はがき「友達とどっちが正しいかで口論になり、
    ケンカしちゃいました。
    どうすればいいですか?」

ノブウ「あ〜、ん〜、これ、うん、いいね。

    いい質問だ。これ、うん。

    そ〜ですね〜。そんなときはですね〜

    拳と拳で語り合うと、

    いいかもDeath!


    決着ついた後はすっきり

    「我が生涯に一片の悔いなし!!」

    なんつってね〜、あははは。


    え? 死んじゃってるじゃねーかって?

    AHAHA、いいとこ気づいたYO!

    こ・れ・で、どっちがジャスティスか

    わっかりましたね〜。(≧∇≦)


    生き残った方がジャスティス!(゚д゚)クワッ



    ・・・解決Death!」



・・・このネタ、
わかる人は今すぐコメントか返信か
Facebook個別メッセージプリーズ。(笑)


とまあ、年末でユルんでるのもあり、
壊れ気味の信國です。

実際のご相談はこんな感じ。


(ここから)

いろんな本や、いろんな人の話を聞いて
深く納得するところもあるんですが、
モヤモヤしてしまうところもあり、
いろいろ考えてやってるうちに、
何が正しくて、何が正しくないのか
よく分からなくなってきました。(-_-;)

(ここまで)


こういうケース、よくありますよね。

自己啓発本なんかを読んで、
「これいい。」と思ってやってみても

しっくりこなかったり、
うまくいかなかったり、

ドライアンドエラーを繰り返すうち、
なんだかよく分からなくなる。


そこで今日は僕なりの1つの見解を
書きたいと思います。


最初にズバリ言っておきます。

人によって「正しさ」は違います。


なので、ついつい僕らは、
なにか絶対的に正しいものを見つけて
それに導かれて確実に幸せになりたい
安心したいと思いがちですが、

それをやると相談者のように
なにがなんだか分からなくなる
可能性が高くなります。


「じゃあ、どうすんの?(-_-;)」


まず、「正しさ」を外に
追い求めるのをやめてみましょう。

この相談者の場合は、自分以外の
なにか別のところに「正解」を
求めにいってる構図なわけですが、
どんなに外に正解を求めても、
みつかりません。

なぜならあなたにとっての正解とは、
あなたにしか分からないからです。


あなたがそれをやって幸せなら
それは「正解」ですし、

どんなに偉い人が提唱してる
成功法則であっても、
あなたがそれをやって幸せでないなら、
それは間違っていると僕は思います。

そして、「幸せ」とは
もう完全に主観なので、

「正解」はあなたにしか
分からないわけです。

あなたが幸せかどうかは
残念ながらあなたにしか分かりません。

周りは、あなたがたとえ
幸せそうにしていても、
それが心の底から本当かは
わかりません。

自分を偽って、
幸せなフリをしている人
とかも多いですしね。(^_^;)


余談ですが、自己啓発やスピなど
絶対的になにかを盲信して
信じきってる人は、
幸せなフリをしていることが
本当に多いです。

盲信している人というのは、
一時的には幸せそうに見えるので
惑わされてしまいそうになりますが
そこは注意が必要です。

そういう人は自分で選択せずに
逃げているだけに過ぎず、
後からどんどん苦しくなっている
ケースが多いように思います。


いろんな書籍を読んだり、人の話を聞いて、
ヒントを探すのはいいと思います。

ただ、それらに囚われないでいいんです。

「正解」は、自分で決めていいんです。


あなたがこの世界の中心で、
主人公なんですから。


あなたがちゃんと胸に手を当てて、
自分の心の声に正直になって、

「ああ〜、これは幸せだな〜。」

と感じたら、それは誰がなんと言おうと
あなたにとっての「正解」です。


もちろん自分の選択で正解を決めるのは
大変さが伴います。

でもね、それが最低限の人生の責任って
やつだと僕は思います。

自分の人生は自分で責任を持って
幸せにしていきましょう。


以上、DJノブウでした〜。(笑)

See you tomorrow!


>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちら
いつでも友達申請歓迎でーす。(≧∇≦)




==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




一般社団法人日本ハッピーワークスタイル協会 代表理事 信國大輔プロフィール
記事検索
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード