社長、あなたの右腕作ります!

100社以上支援実績のあるベンチャー・中小企業専門コンサルタントが、事業推進や組織体制構築、新規事業企画、プロジェクトマネジメント、新規採用のコツ、マネージャ育成・チームビルディングなどあらゆる経営課題の実践的な企業経営ノウハウを解説

2009年05月

幸せとは。プロセスがゴールである生き方。

今日、午前中に久しぶりにテニスをやった。

最近極端な運動不足で肩こりも激しく、またダイエットという目的もあり2時間ほどやったのだが、信じられないほど疲れた。

コート1面で9人でやったので、半分以上は休憩であるにもかかわらず疲れた。

うーん、やっぱ定期的に運動するようにしなくっちゃな〜。

全然話は変わるが、昨日は前にお世話になった某組織コンサル会社の社長さんに会いにいった。特に仕事の話ではなく、近況報告といった感じだったのだが、色々と面白いお話ができて勉強になった。

主に今後のビジネスとか社会のあり方についてみたいな話だったのだが、一番考えさせられたのは、

「こんだけ経済発展してんだから
そもそも、もう競争やめたほうがよくない?」


という話。ちょっと今まで考えた事のない意見だったので新鮮だったのと、考えてみると確かに一理あるな〜と思える話だった。てか、その話を聞いて「ビジネス=競争」という図式をいつのまにか結論にして、それ以上思考していなかった自分がいることに気づいた。

祖父ぐらいの時代は、仕事は定時で終わり、夕方は家族でみんなで食事ができた。今はそんなサラリーマンは珍しい。普通に22時過ぎまで仕事をしているのが当たり前の時代になった。その上所得も減ってきている。

これは本当に幸せな世の中なのだろうかと最近よく考えるようになったのだが、実は「競争をやめる」というところにその答えがあるように思えた。

それは単に自分がスローライフを目指すとかいう次元の話ではなくて、ビジネスや社会のあり方を変革するというようなレベルでの「競争廃止」であり、社会主義に近い思想なのかもしれない。

より良い世の中を後世に残すためには、いろんな事をもっともっと勉強しなきゃなと思った。



もうひとつ心にのこったフレーズは、

「信國さんはプロセスがゴールになっているんだね」

だった。

たしかにそうなのだ。最近は結果だけを追い求めるのではなく、ただ毎日を生きることに喜びや幸せを感じている。だから、リタイヤしたいという思いもないし、忙しくても、ゆったりとした日でも、同じく充実している。1分1秒がステキな時間と思える。

もちろん、夢や目標はある。
ただ、それに執着はしていない。

無理せず怠けず毎日をじっくり生きて
その上で達成できればそれでよし、
そうならなければそれもまたよし。

なぜなら、私にとって今のこの瞬間が既にゴールなのだから。

走り続けなければという強迫観念も、
早くゴールしなければという焦りも、
「こんなもんで人生終わるのかな?」という絶望も、
今の私には無縁だ。

なぜなら、世界は光に満ち溢れているから。

目が見える。手がある。家族がいる。仲間がいる。
空気がすえる。満員電車にのれる。
渋滞にまきこまれる。忙しくて大変。
風邪をひく。肩がこる。疲れる。
おいしい酒がのめる。後悔する。いらいらする。
悩む。照れる。笑う。死ねる。

これら何もかもが、実は愛すべき対象かもしれない。
そう思えるようになったら、人生は幸せに包まれていく・・・。

無理せず怠けず。

このブログ、ほとんど月1回の更新となってしまった(汗)。でも、意外と遠方の知り合い(=高校の同級生、大学の先輩、昔の同僚など)などが見ているので、根気よく続けたいと思う。モチベーションアップのためにもアクセスした人はコメントを残してね♪

さて、先月は2社ほど新規の支援先が増えた。
そのせいもあってか今月はかなり忙しい。

またGWがあったので、逆に忙しさが加速的に。
だって、のこりの3週間で全ての打合せをこなさないといけないんだもん。
(; ^ ー^)

しかも今月は2社の合宿の設計&ファシリテートをやらなければならない。そのうち1件が本日終了したのだが、こってり合宿内容を設計した後、2日間みっちりファシリテートをし、さらにその後、別件で新宿で打合せして夕方に帰宅。もはやヘトヘトである。(汗) 

その間にメールが100通ほど溜まっているが本日は仕事をやる気になりましぇん。(涙) ここ2日間でメールくれてる方、すいません。m(。_。;))mペコペコ

あんまり無理しすぎると、仕事がいやになることもあるので、「無理せず怠けず」で行きたいと思う。

今日はゆっくり半身浴にでも入って、ワインでも呑むつもり。

たまにはいいよね・・・。
(T^T) ヒック
事業推進COO代行 信國 大輔

事業推進COO代行

株式会社びりかん代表取締役
信國 大輔(のぶくに だいすけ)

1977年生まれ。福岡県出身。地元の企業に就職するも東京転勤をきっかけに2004年12月株式会社ライブドア入社。斬新な企画により事業の収益を大きく伸ばす。

同社退社後、数年間フリーでコンサルタントとして活躍した後、2007年に株式会社びりかんを設立。過去の経験を活かし、ベンチャー・中小企業総合支援・代行サービスを開始。「倒産寸前の零細企業をわずか3ヶ月で月商を7倍まで引き上げV字回復」「数名規模のITベンチャーを支援して同じく毎月赤字状態から半年で黒字化、わずか5年でマザーズ上場を達成」「中小の通販会社で組織づくりを支援し、幹部陣を成長させて自走する組織を作り上げ、毎年140%の業績アップを実現」など数々の成功実績を持つ。

これまでに支援した企業は100社を超え、また、開催したセミナーやワークショップののべ参加人数は3000名を超える。

記事検索
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード