楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ

100社以上の中小企業支援実績がある中小企業向け組織変革コンサルタント信國大輔が、社員をヤル気にさせるビジョン生成法や、強みにあわせた適材適所の実現など組織づくりに役立つ実践的なテクニックをご紹介します。

2009年08月

ビジョンと仲間

久しぶりのブログ更新です。しばらく実家帰省していて、帰って来たら今度は仕事が溜まっていたので書く暇がありませんでした。(汗)

ちなみに前回、ビジョンと共に望む人材などを書いたんですが、さらに補足しておきます。一番肝心な連絡先を記載してませんでした。(大汗)


■望む人材
 ・良い世の中を作るためなら、死ぬ1日前まで働いていたいという方
 ・自分が多少苦労してでも人の笑顔を見るのが好きな方
 ・時には儲かる仕事を断ってでも、困ってる会社を助けたいと思う方
 ・良い事には感謝でき、悪い事は全て自分のせいだと考えられる方

■望まない人材
 ・自身のスキルアップや収入だけが目的の方
 ・早期リタイヤを望む方
 ・ビジネス=数字としか考えていない方
 ・自社の利益が第一優先だと思う方
 ・既得権益は最大限守らないと損だとお考えの方

■条件
  選択制度を検討中。途中切り替えも可。

 (1)完全固定    
 (2)固定&成果報酬 ※固定額は(1)より少額。

 成果報酬は自分の担当クライアントの売上より算出
 定期MTG以外は勤務時間や勤務場所はほぼ自由という条件で検討中。
 活動場所は主に関東圏。

■仕事内容
  数社のクライアントを担当してもらいコンサルティングを実施。
  最大10社程度の支援をしていただくイメージ。

■連絡先
  info●belicoun.co.jp (●を@に変えて、ご使用ください。)



さて、今回は10日ほど実家帰省したわけなんですが、久しぶりにまったりした・・というほど休んだわけではなく、午前中はパソコンで仕事し、日中は家族でお出かけというハードスケジュールな毎日でした。w 

ただ、結構ドタバタしていても、田舎というのはちょっとホッとさせてくれる雰囲気を持っていますね♪ それなりに充実した帰省でした。

帰ってきてからは更にドタバタしていて、やはり体制をそろそろちゃんと整えなければなと改めて思いました。今、知人友人などを通してじょじょに相談を始めているところです。

もちろんスキルも大事ですが、それ以上にビジョンを共有できる仲間が作れるといいなと考えている今日この頃。実はこれが一番難しいのかも・・・。

しかし、クライアントには言ってるんですが、やはりビジョンを作るって大事ですね。まさに灯台元暮らしですが、実は自分の会社のビジョンとかはあまりしっかり作ってなかったんですよ。

でも作ってみると、なんだか体の内側からエネルギーが溢れるというか、明らかに力が充満しています。どう考えても以前より戦闘力がアップしてますね。w

はやく、まずは最初にゾロを仲間にして、次の島を目指したいところです♪

株式会社びりかんのビジョンなど

3期目に入り、経営もかなり安定してきたので、そろそろじょじょに拡大すべく、採用を考え始めています。そこで、まずはビジョンなどをまとめてみました。

■びりかんのビジョン
困っている会社を助け、育成し、良い会社にして社会に送り出すこと。
良い会社とは、その会社に関わる全ての人(経営者・社員・お客様・パートナーなど)・モノの幸せを追求する会社を意味する。幸せな経営者、幸せな社員、幸せな家族、幸せなお客様で世の中を埋め尽くすことが我々の使命であり、ビジョンです。

■びりかんの信念
良い会社になる素質を持つ会社を収益に関わらずクライアントにする。必要な時に必要な分だけ、資金力に乏しいクライアントも手伝えるよう成果連動型の報酬で力を貸し、そして、必要なくなったら一切の既得権益を自ら放棄し、潔く退陣する。

■望む人材
最も大変で、最もリスクが高く、最も割に合わない事業をやる会社を目指しています。最も価値のある報酬は、お客様の心からの感謝の言葉だけですが、それでも、それを死ぬ気で命を削ってやりたい情熱溢れる方だけ募集します。

■びりかんのバリュー
全ての分野(経営戦略・事業計画・収支管理・マーケティング・組織形成・マネジメント等)にほどよく精通し、会社の立ち上げ時に非常に高いコストパフォーマンスを発揮する。ある程度の規模になってきたら、各分野の専門家に、もしくは社員にスキルを教えながら任せていき、最終的には独り立ちさせる。

■びりかんにとってのクライアントとは?
愛する我が子。手塩に掛けて育てたら、大海原への航海を見送る。

■びりかんの組織イメージ
・影船8番艦
・白ヒゲ海賊団
・梁山泊
・必殺仕事人

・・・ピンとくる方はご連絡ください♪
組織変革コンサルタント 信國 大輔
記事検索
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード