またも久しぶりにブログ更新です。約1.5か月ぶりですね。

過度に忙しくなってくるとどうしても更新しなくなるなあ。最近、社員が増えて経営と実務のバランスがだんだんと難しくなってきてるけど、ブログの更新ができなくなるってのはバランスを崩している1つのバロメーターとするのもいいかもしれない。

ここ1か月半で、またいろんなことがあった。1番大きな出来事は、とある案件でのトラブル発生だろう。そのトラブルの影響で色々とたいへんな想いをしたわけだが、そのおかげで、チーム全体や個々人の課題もまた浮彫りになった。それはそれで喜ばしい。

前にもブログで書いたが、我々の会社は完全在宅制で、かつ一切の上下関係もない。なので全ての仕事が「指示・命令」することはできず、常に「相談・お願い」ベースになる。そしてチームのフィロソフィーとして、「やりたいことをやる。やりたくないことはやらない。」というのを大事にしている。

よって、たとえば営業が無茶な案件を引っ張っていた場合、制作側は「やりたくありません。」という権利を有している。逆に営業側も、社内の人間に頼むのか外注するかは自由だ。(このへんの仕組みが今回トラブルをさらに肥大させた要因でもあるわけだが、むしろそれは覚悟した結果である。必ず全ての物事にメリットとデメリットは存在していて、どちらを選択するかが重要なのだ。常識にとらわれず、自分で選択することが。)

通常、普通の会社だとこれでは機能しない。あっというまにチームは崩壊するし、みんながわがままを言い合って案件が取れなくなってくるだろう。ただ、びりかんは普通の会社を目指していない。当然、普通の会社がやらないことをやるのが使命だ。

この問題を解決するには、個々人の自由とチームとの調和をとる必要がある。しかし、びりかんでは、たとえどんな問題であるにしろ、権力者が一方的に調和を取るよう「指示・命令」はできない。よって、おのずと残された対策が、個々人がそれぞれに自由と調和のバランスを取るよう考えるしかない。

その個々人のバランスを促すために我々がやっていることは、1つは「担当売上制度」だ。全ての社員は、自分の給与の2倍という金額の最低利益目標を持っている。そしてその目標はすべて全員に公開され、その人がどの案件でいくらの売上をあげていて、今どれぐらい数字的にチームに貢献しているのかがはっきりとわかる。

そう、びりかんでは給与は全員にフルオープンなのだ。誰がいくらもらっているかみんな知っている。フルオープンにするからこそ、その数字への責任が経営者に押し付けられることなく自分の責任として自ら認識できるのだ。では、それについて「なんであいつの給料のほうが高いんだ??」というような話が飛び交ったりしないのかという点だが、このへんは実に巧妙にできている。

普通の会社は上司が部下を評価して報酬を決めるからそこにズレがどうしても生じてしまう。しかし、我々の場合は、純粋に外から稼いだお金が報酬に直結しているだけで、しかもそれがすべてフルオープンなわけだから、文句のいいようがない。というかここまでフルオープンにすると誰からも文句を言おうという気配すらない(笑)。

ただ、実はこの「担当売上制度」だけでも不十分だ。なぜなら、単に数字を明らかにするだけだとチーム内で数字の奪い合いがはじまるからだ。「その売上はおれのものだ。」「営業側は取り分多すぎないか?」という具合にね。だから、ハード面(=制度)だけでなくソフト面(=マインド)の方も構築していく必要がある。

さきほど、我々はフィロソフィーの1つとして「やりたいことをやる。やりたくないことはやらない。」と書いたが、ほかにも大事にしているフィロソフィーがある。それは「奪い合えば足りぬ。分け合えば余る。」という考え方だ。ご存じの方も多いと思うが、これは書家・相田みつを氏の言葉を使わせていただいている。調和の精神をもっともうまく表現した言葉だから・・・。

そして、このフィロソフィーをチーム内で、何度も探究し続けている。社内合宿やMTGを通して常に我々は仕事だけではなく、自分たちの常識やフィロソフィーや感情や強み・弱み・夢などを共有し続けている。このような相互理解を続けていけば、いつか我々はまるで、全体が1つの生き物のように錬成され成長していくだろう。

そうそう、6月は、決算時期でもあるので社員全員で1泊2日の社内合宿をやった。丸1日、海の見える会議室で研修を行い、温泉やカラオケも満喫した(笑)。まあ、いろいろ能書きを書き連ねたが、単に仲間たちと笑って酒が飲めるのはとても楽しいものだ。本当はシンプルにただそれだけでいいのかもしれない。

あ、1つだけ個人的に悩みがある。びりかんには、ゾロ・ウソップ・サンジ・チョッパー・フランキー・ブルックなどなど頼もしい仲間たちがいるのだが、なぜか、ナミとロビンがいない(汗)。さすがにこれはバランスが悪すぎるので次の仲間は女性にしておきたいところだ。。。(-_-;)