楽しく幸せな会社組織づくりのすすめ

100社以上の中小企業支援実績がある中小企業向け組織変革コンサルタント信國大輔が、社員をヤル気にさせるビジョン生成法や、強みにあわせた適材適所の実現など組織づくりに役立つ実践的なテクニックをご紹介します。

2015年12月

ただ生きているだけで素晴らしい。

OHT85_jagaimosora500
 
 
とうとう大晦日ですね。(^ ^)


今年最後の投稿です。


みなさん、今年はどんな一年でしたか?

大変なことも、楽しいことも、
辛かったことも、悲しかったことも、
腹が立ったことも、嬉しかったことも、

いろいろ、いろいろあったと思います。

いろんな人の悩みや相談に触れるたびに、
そして自分でも色々トライしてみて、
最近思うんですが、

「生きる」ってほんと大変ですね。(^_^;)


成果が出なかったり失敗したりとか、
大事なものを失ったりとか、
切望してるものが手に入らなかったりとか、
思い通りにならなかったりとか、

そういうことに
のたうちまわりながら、

このままじゃいけないとか、
もっと成長しなきゃとか、
もっと向き合わなきゃとか、
自分に価値はあるのかとか、

そういうことを自問自答しながら
歯を食いしばってみんな生きている。


いやー、しんどいですよね。


今年一年、

自分ではなにも成長できなかった
と思う人もいるでしょう。

全てから逃げまくった人も
いるでしょう。

向き合わずに心凍らせ続けた人も
いるでしょう。

自分のことが嫌いになった人も
いるでしょう。

絶望的な状況に
途方にくれた人もいるでしょう。

あの人のようになりたいと願っても、
なれないことを知った人もいるでしょう。


そういう「大変さ」の中に
僕らは生きています。


そして、その「大変さ」の中を
僕らはまた1年間生きてきました。






いや、まじ、すげえよ。

さらに1年も生きたんだぜ?






これを見ている全ての人へ。


これを見ているということは
あなたは今年も1年、
生ききったという証拠です。


それはとんでもなくすごい事です。


みんな、さも当たり前のように
生きているから気づかないかも
しれないけど、


それはとんでもなく尊い事です。


せめて今日ぐらいは、
自分を責めるのをやめて、
思いっきり褒めてあげてください。

「一年間よく頑張った。よく生きた。
 えらいぞ、自分」

って・・・。


ただ生きているだけで、
あなたは本当に素晴らしい。


良いお年を。



追伸:
1/1〜3までは投稿もお休みします。(^ ^)

>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちら
いつでも友達申請歓迎でーす。(≧∇≦)




==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




なにが正しくて、なにが正しくないのか?

-shared-img-thumb-OOK88_inoruookawasan_TP_V
 
こんにちは。DJノブウで〜す。

はーい、今日も悩めるリスナーから〜

こ〜んなおハガキいただきました〜。

はがき「ノブウさん、こんにちは。」

ノブウ「はい、こんにちは。」

はがき「友達とどっちが正しいかで口論になり、
    ケンカしちゃいました。
    どうすればいいですか?」

ノブウ「あ〜、ん〜、これ、うん、いいね。

    いい質問だ。これ、うん。

    そ〜ですね〜。そんなときはですね〜

    拳と拳で語り合うと、

    いいかもDeath!


    決着ついた後はすっきり

    「我が生涯に一片の悔いなし!!」

    なんつってね〜、あははは。


    え? 死んじゃってるじゃねーかって?

    AHAHA、いいとこ気づいたYO!

    こ・れ・で、どっちがジャスティスか

    わっかりましたね〜。(≧∇≦)


    生き残った方がジャスティス!(゚д゚)クワッ



    ・・・解決Death!」



・・・このネタ、
わかる人は今すぐコメントか返信か
Facebook個別メッセージプリーズ。(笑)


とまあ、年末でユルんでるのもあり、
壊れ気味の信國です。

実際のご相談はこんな感じ。


(ここから)

いろんな本や、いろんな人の話を聞いて
深く納得するところもあるんですが、
モヤモヤしてしまうところもあり、
いろいろ考えてやってるうちに、
何が正しくて、何が正しくないのか
よく分からなくなってきました。(-_-;)

(ここまで)


こういうケース、よくありますよね。

自己啓発本なんかを読んで、
「これいい。」と思ってやってみても

しっくりこなかったり、
うまくいかなかったり、

ドライアンドエラーを繰り返すうち、
なんだかよく分からなくなる。


そこで今日は僕なりの1つの見解を
書きたいと思います。


最初にズバリ言っておきます。

人によって「正しさ」は違います。


なので、ついつい僕らは、
なにか絶対的に正しいものを見つけて
それに導かれて確実に幸せになりたい
安心したいと思いがちですが、

それをやると相談者のように
なにがなんだか分からなくなる
可能性が高くなります。


「じゃあ、どうすんの?(-_-;)」


まず、「正しさ」を外に
追い求めるのをやめてみましょう。

この相談者の場合は、自分以外の
なにか別のところに「正解」を
求めにいってる構図なわけですが、
どんなに外に正解を求めても、
みつかりません。

なぜならあなたにとっての正解とは、
あなたにしか分からないからです。


あなたがそれをやって幸せなら
それは「正解」ですし、

どんなに偉い人が提唱してる
成功法則であっても、
あなたがそれをやって幸せでないなら、
それは間違っていると僕は思います。

そして、「幸せ」とは
もう完全に主観なので、

「正解」はあなたにしか
分からないわけです。

あなたが幸せかどうかは
残念ながらあなたにしか分かりません。

周りは、あなたがたとえ
幸せそうにしていても、
それが心の底から本当かは
わかりません。

自分を偽って、
幸せなフリをしている人
とかも多いですしね。(^_^;)


余談ですが、自己啓発やスピなど
絶対的になにかを盲信して
信じきってる人は、
幸せなフリをしていることが
本当に多いです。

盲信している人というのは、
一時的には幸せそうに見えるので
惑わされてしまいそうになりますが
そこは注意が必要です。

そういう人は自分で選択せずに
逃げているだけに過ぎず、
後からどんどん苦しくなっている
ケースが多いように思います。


いろんな書籍を読んだり、人の話を聞いて、
ヒントを探すのはいいと思います。

ただ、それらに囚われないでいいんです。

「正解」は、自分で決めていいんです。


あなたがこの世界の中心で、
主人公なんですから。


あなたがちゃんと胸に手を当てて、
自分の心の声に正直になって、

「ああ〜、これは幸せだな〜。」

と感じたら、それは誰がなんと言おうと
あなたにとっての「正解」です。


もちろん自分の選択で正解を決めるのは
大変さが伴います。

でもね、それが最低限の人生の責任って
やつだと僕は思います。

自分の人生は自分で責任を持って
幸せにしていきましょう。


以上、DJノブウでした〜。(笑)

See you tomorrow!


>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちら
いつでも友達申請歓迎でーす。(≧∇≦)




==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




上司に自分の率直な意見をうまく言うには?

-shared-img-thumb-YOTA82_atamakakaeru15123152_TP_V

 
今日はこんなご相談です。(^ ^)

(ここから)

いつもお世話になっております。

やはり会社でも自分らしくいることが
できれば一番幸せで楽に仕事ができる。

ただ、強面の上司がいると
なかなか言い返すことができず、
自分を押し殺してしまいストレスが溜まります。

とても難しいですがチャレンジするしか
自分を守る、気持ちよく仕事をすることが
できなそうですね。

多分嫌われてクビにされたら、
という不安があると思います。

こんな場合は、嫌われてもいいという勇気ですかね?

(ここまで)


そうそう、僕も妻に言い返せず
ストレスが・・・。

だいたい指摘がいつも的確なんだよ。(T ^ T)

・・・。

・・・。


なんてことは決してありませんよ。(^_^;)

あは、あはは・・。




さて、今回の相談ですが、
まず、自分らしく働くというのに
チャレンジしようとしてくれている
その時点で本当に素晴らしいなと思います。(^ ^)


えらい!(^ ^)


ちゃんと自分で自分をしっかり
褒めてあげてくださいね。(^ ^)


僕は僕で、相談者さんをその気にさせた
僕の記事のクオリティを褒めます。(笑)

おれ最高。(笑)



ただ、確かに今までやってこなかった事ですし、

「下手な事言って嫌われたらどうしよ。(-_-;))

と不安になるのも仕方ないですよね。


いくつかアドバイスするとすれば、
まず悪い方ばかりに妄想するのはやめて
もっとフラットに考えてみるといいと思います。


もちろん嫌われる可能性はありますが、
言いたいことを言っても嫌われない
可能性だってありますよね。(^ ^)


ちゃんと自分の意見をいったことを

「お、こいつ骨があるな。」

と評価されることだってあるでしょう。



「クビになるかも・・・」

という不安ですが、実はこれもかなり妄想です。(^_^;)

僕は、かなり多くの会社を
今までコンサルとして手伝ってきましたが、
社長ですら、ちょっと意見を言った程度で
一社員を一方的にクビにする
というのは、なかなか出来ません。

まして上司程度だとその可能性は
限りなくゼロに近いと思います。
※無理やりそれを実行しようとしたら、
 まともな会社ならその上司が退職勧告されます。(^_^;)


むしろ、もう少し生々しい実態を話しておくと、
遅刻連発、ミス連発、反省一切無しぐらいの
ひどい社員ですら、

「法律を盾にされたら辞めさせられない。
 うーん、困った。(-_-;)」

と悩んでる社長すらいたりします。


自分が妄想してるほど、
意見を言った程度では大した事が起きない、
むしろ言ってすっきりってのが、
ほとんどだと思います。

保証はできませんけどね。

といいますか、意見を言った程度で
大した事が起きてしまう会社だとしたら
そもそも早め早めに転職を考えた方が
いいかもしれません。(^_^;)


もう一方で、それだけだと不安を払拭できない
としたら、やはりスキルアップは大事だと思います。

率直な意見を言っても
感じ悪くならない言い方や態度
などを学習するというのも大切です。

言いたい事言ったら怒られた。

という事実を、安易に

「やはり意見を言うべきではない。」

「なんて最悪の上司だ」

と捉えるのは早計だと思います。

そうではなくて、

「自分のコミュニケーションスキルが
 足りなかった。」

という視点を持つ事も大事でしょう。

実際、このスキルが高い人というのは、
言いたいことを言って、やりたい放題でも
周りから信頼され認められていたりする
ケースもあったりします。

コミュニケーションスキルを高めるような
書籍はそれこそたくさん出てますから、
まずは数冊読んでみるのもありじゃない
でしょうか。



また、前提条件として、
仕事そのものは一生懸命頑張っている
というのも大事だと思います。


僕も社長なんで、他の上司や社長の気持ちが
多少なりとも分かるのですが、

いつも一生懸命頑張ってる社員から
意見を言われるのと、

いつも言われたことだけしかやらない
社員から意見を言われるのでは、

まったく湧き上がる感情が違います。(笑)

これ、もっと言うと

あなたが一生懸命やってると感じる

というのは不十分で、

相手が「あなたが一生懸命やってるなぁ」と感じる

というカタチでなければなりません。

言いたい事を言って、
自分らしく働くためにも、
ぜひ一生懸命働いて、
スキル磨きにも注力しましょう。

それらは本来あなたのためにやることです。


自分が気持ちよく仕事するための工夫は、
ありとあらゆる手段を尽くしたほうがいいと
僕は思います。


ぜひ頑張ってみてくださいね。(^ ^)


>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


信國大輔のFacebookアカウントはこちら。いつでも友達申請歓迎でーす。(≧∇≦)


==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




仕事が退屈でつまらないのはなぜか?

-shared-img-thumb-PPW_ru-bikkucube_TP_V
 
今日は事務職のOLさんからのご相談です。(^ ^)


(ここから)

事務職はずっと私一人でこなしています。

そういった意味では事務であっても
任されている喜び、サポートをする
やりがいもあります。

でも仕事内的に常に刺激がなく、
モンモンとしていることもあったり
退屈にも感じている。

もともと、事務職を選んだ理由が
ラク だと思ったからだし、
結局それがデメリットとして出ているのかなぁ。

働いて1〜3年目の時は、もっと貢献したくて
任される仕事内容に不満を感じてたけど、
でも自分の経験や実力がないことに
恐れも感じて上手く仕事が出来ず、
モチベーションも低くずっとモンモンとした
勤務時間を過ごしていた時もあったなぁ。

貢献したい!、でも難しい仕事や
ややこしい仕事はしたくはないよ〜

みたいな。(-_-;)

(ここまで)

ご相談ありがとうございます。

この相談もまた似たような境遇の人
結構いそうですね〜。(^ ^)


さて、まずお伝えしたいのは、
一番楽しく集中して物事に取り組める
状態ってどんな状態かということです。


これは、仕事よりもファミコンなどの
テレビゲームでイメージすると
分かりやすいです。(^ ^)


え? 例えが古い?

ファミコンが分からない!?
Σ(゚ロ゚;)


ああ、アラフォーを実感。
・・・_| ̄|〇

アンチエイジング頑張ろう。。
(何を目指してんだ!?
 というツッコミは不要す。)


まあ、今風に言うと、
「DS」とか「プレステ」です。


で、今までハマった
面白いゲームというのを
思い出してみてください。

熱中しちゃって時間忘れて
長時間プレイしたり
したことありませんか?

ちなみに信國はRPG好きなので
昔はそりゃーもうドラクエやFFに
ハマってました。

最長で1日15時間ぐらい
やったこともあります。(^_^;)


実はこのような人を熱中させてしまう
ゲームには共通点があります。


それは、

「難易度」



「プレイヤーのレベル・能力」

が、絶妙なバランスであること。


たとえばRPGなんかは、
最初の街では弱い敵が出てきて、
レベルが上がってきて
ストーリーを進めたら
じょじょに敵が強くなり、

節目節目で出てくる中ボスなんかは
ちょうど今のレベルでギリギリ倒せる
ぐらいの強さになってますよね?


つまり、
プレイヤーの力量が上がるにつれて、
じょじょに難易度が上がり、
常に、今ギリギリ背伸びすれば
クリアできる課題が続く。

というバランスになってます。


このバランスを外すと、
どんなゲームもクソゲーになります。


スタート直後からいきなり
全く歯が立たないような敵キャラが
出てきてもクソゲーですし、
 ※アリアハンでいきなり
  ボストロールみたいな(笑)

なんの障害もなくサクサククリア
できてしまってすぐゴールで
エンディング・・なんてのも
やりがいのないクソゲーですよね。(^_^;)


ちなみに、

「プレイヤーのレベル・能力」に対して
「難易度」が高過ぎると人は「不安」になり、

「プレイヤーのレベル・能力」に対して
「難易度」が低すぎると人は「退屈」になります。


ほら、どっかで聞いた話でしょ?(^ ^)


読者「・・・は?」


いや、だから冒頭の相談読んでみ?
がっつり読み返してみ?(^_^;)
忘れちまったのかい?



読者「・・・・・。」



読者「あー!!たしかに!
   ゲームと仕事に入れ替えたら
   たしかに一緒だ!」


はい、正解!!(なかむらやーー(笑))

 ※意味不明の人はこちら


そう、「仕事」も一緒なんです。


さて、これで人が熱中できるのか
それとも「不安」や「退屈」になって
しまうのかは分かりましたが、
実際の職場ではこんなバランスを
考えて丁寧に仕事を用意してくれる
会社などほとんどありません。(^_^;)


なので、前回の記事と対処法が似てますが、
この法則を意識して、
自分でうまく適切な難易度に
もっていくわけです。


今回の相談者の場合は、

「今が退屈だけど、難易度高過ぎると不安」

という状態ですから、

「自分が不安にならずに集中できる
 ちょっと背伸びすればできる業務や課題」

を取りに行けば良いと思います。


退屈に長い間慣れ過ぎてしまったので
つい、不安になるのだと思いますが、

敵キャラも落とし穴も出てこない
Bダッシュでゴールまでただ走るだけの
スーパーマリオ

みたいな仕事を、今後の人生で
ずっと続けていくよりははるかに
楽しめると思います。(^ ^)


大丈夫。

ちゃんと探せば、あなたの
今のレベルで楽しめる課題は必ずあります。


この世界は、巨大なテーマパーク
みたいなもんなんですから、
生きてる間は楽しみましょうよ。

事務職で雑務が多いと書いてありましたが、
事務って創意工夫すればいくらでも
業務効率化を企画することできますよ?

ぜひいろいろトライしてみてくださいね。(^ ^)

>信國大輔のFacebookアカウントはこちら
いつでも友達申請歓迎でーす。(≧∇≦)


>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)

==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




会社の目標がワクワクしない時に役立つテクニック

bsE146_lalaganbatte
 
 
内容に入る前にお知らせです。

年明け1月16日(土)の認定講座にまだ空きがあります。

「2016年からは俺(私)も楽しく働くぞ!」

とお考えの方はぜひのぞいてみてくださいね。(^ ^)
先着10名限定。たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座



先日、ついつい仕事納めで
気を抜いて酔っ払って遅く帰ったら、
妻にいつものように
こってり怒られました。(T ^ T)

そして、リビングの隅っこで
しょんぼり反省していると、
小学4年生の息子からこんなセリフ。

「あんまり自分責めないほうがいいよ。
 自分責めても良いことないよ。(^ ^)」


Σ(゚ロ゚;)


・・お、おれがメルマガとかブログで
いつも言うてるやつや。。。

_| ̄|〇


てか、小4でなんなんだ、その悟りの境地は。。

我が息子ながら末恐ろしい。(-_-;)


ダメ親父っぷりが際立つとです。(ヒロシです。)

_| ̄|〇


・・・とうちゃん、がんばる。。。



さて、今日のご相談です。
最近相談が一気に増えてきました。(^ ^)

---------------------------------------------

最近、仕事が面白くありません。
入社して以来、こんなにモチベーション
がない日々は初めてです。

上司に相談しても、
私にとっては、全くモチベーションアップ
にならない単語ばかりで、つまんないです。

設定されてる自分の売上目標に対して
数値が一番分かりやすい指標なので、
それで評価されなくては
いけないのもわかるし
責任持って売上作っていかなくては
いけないのもわかるし

でもなんか、こう、
わくわくしない目標なんです。

---------------------------------------------

この方とは、少しメッセージの
やりとりをしました。

この人がもともとその会社で
やりたかったのは、

「サポート業務」

ということでした。

とはいえ、今の会社には
そんな業務は見当たらない。

そこで、次の質問としてこう投げました。

「その業務のどこへんがやりがいを
 感じるポイントなのかを整理すると、
 ほかにもいろいろ手はありそうな
 気がします。

 そもそもそれをやりたいと思った
 きっかけは?」

すると、さらにわかったことは、

「人のサポートが好き」
「自分の得意分野の助けで
 その人が活躍できるのを見るのが好き」

ということでした。

ところが今の会社からのミッションは、
自分で考えて自分で成果をあげるという
構図になっていて、

「自分がサポートした人の活躍を見る」

という要素はほとんどないようです。

しかもそのまま進めていけばいくほど
そこから遠のく感じです。

この状態だと、そりゃあ
目標にワクワクしませんよね。(^_^;)


こんな時には、まず最初に

「やっぱり自分のしたいことじゃないと
 モチベーションは上がらない」

という事実をちゃんと
受け止めるのが重要です。

「仕事だから仕方ない。」

と考えると、そもそも
どうにかしようとすらしなくなるので
ガス欠のまま無理やり頑張ることになります。


その相談者もやりとりを進める中で、
自分のしたいことや好きなことを
見つめ直して、

「・・・やっぱ、どうしても
 これが好きなんだ、わたし。。」

と深く納得していました。


そして、次に重要なことは、

どうにか

「自分のしたいこと・好きなこと」

と、

「会社の目標」

をリンクさせられないか?

ということです。


最初から自分のしたいことと
会社の目標がリンクしていることは
稀ですし、それを丁寧にやってくれる
会社というのもそんなに多くはありません。


なので、

モチベーション高く、
楽しく仕事したければ、

自分からどうにか工夫して
それをリンクさせましょう。


その際に重要なのが、

「やりがいを感じるポイントの
 源泉がどこにあるかを探る」

ということです。

先ほどの場合は、

「サポート業務」

は手段であって、その先に

「自分がサポートした人の活躍を見る」

がありましたよね。

そこが満たされれば手段を変えても
楽しい可能性が高いのです。

このように手段に囚われずに
目的を見るようにすると、
いろんな創意工夫ができるようになります。


今回の相談者の場合、

単独でがんばるのではなく、
同じ部署のもう一人をサポートする
というカタチで力を合わせて売上を上げる

という構図にもっていくことで
解決の糸口をつかめたようでした。

また、この話をしている最中に

「そういえば、これも好きだった。」

というのを思い出して
いくつかやりたい業務が
出てきていました。(^ ^)

人間はこの状態になると、
とても頭が回るようになります。

ガス欠と逆ですね。

ワクワクエネルギーが充満してるので
創意工夫をする力が倍増するわけです。

まあ、当たり前ちゃー当たり前ですよね。

だって、

自分のため

自分が楽しむため

自分がワクワクするため

なんですから、そりゃヤル気わきます。


モチベーションってなんでしょう?

モチベーションって、
つまりどこまでいっても、

「自分のしたいことをする」

ってことなんだと思います。


かくして、この相談者は、
すっかり元気になって
ヤル気満々で帰って行きました。(笑)


・・・すごいぞ、俺。
前半のダメ親父っぷり解消(笑)

息子よ。
とうちゃん、頑張った!o(≧▽≦)o

また今日も一人、
ワクワクできる大人を増やせて
とうちゃんは嬉しい!!(^ ^)


>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)

==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




仕事とプライベートを分けるとどうなるか?

bsOY1151013140731
 
 
先日、社員の数人から、記事についてフィードバックをもらいました。

そしたらこんなありがたいお言葉が・・・。

「真面目すぎると面白くない。」

「もっとキャラ出さんかい!」

・・・。

・・・。

お、おまえら。。(-_-;)

もっと歯に衣着せんかい!!

いちおう社長だぞ!?

社長なんだぞ。。わーん。(>_<)


・・・。

・・・キャラ出したったで。

これで、満足か? 満足なんやろ?

ぐ、ぐれてやる。。。。o(`ω´*)o



・・・さて、というわけで今日は、
かなり生々しいこんな相談です。


「会社は楽しくありません。
 会社に行きたいと思ったことは
 この約10年一度もありません。

 この会社に入る時に決めたことがあります。

 それは「仕事とプライベートは分ける」

 これを長いことを貫いてきました。
 会社は友達をつくる場所ではない。

 いかに仕事をスムーズに進めるか、
 そのための人間関係構築は必要。

 仕事のやり方というよりは
 人間関係を壊さないようにどうすれば良いかを
 日々やっている気がします。

 今の私は基本的には会社内の人間関係で主に悩んでます」


ご相談ありがとうございます。(^ ^)

なるほど、なるほど。


まさにうちの社員に
爪の垢を煎じて飲ませ・・・


ああ、違う。そこじゃない。(-_-;)


あやうくそのまま愚痴だけの
記事書きそうだった。うふ。


気を取り直して・・・。


この相談者の悩みは結構共感できる人も
多いのではないでしょうか?

なぜなら、

「仕事とプライベートを分ける」

というのは、わりと多くの人が常識として
やっていたりするからです。

さて、ではこの常識。

果たして本当に正しいのでしょうか?
人の幸せな働き方に繋がる常識でしょうか?

今までいろんなケースを見てきましたが、
これをやっていて幸せそうな人に
僕は会ったことがありません。(-_-;)


まさに、この相談者のように

面倒なことを避け、
関係を壊さないことに腐心して
本当の自分の心を凍らせて働く。

ような状況に陥っているように思います。

それはたしかに、
目先の面倒なことは減らせるのですが、
果たして幸せでしょうか?

似たようなケース、家庭内でもありますよね。

「冷めた夫婦関係」

なんて、まさにこれに近いと思います。

面白いのは、家庭の場合、

「冷めた夫婦関係」

なんて、だれも望まないのに、
職場・仕事になった途端、

「冷めた職場関係」

を目指して、

「仕事とプライベートを分ける」

を実行しているような構図になっていることです。


それほど強力な常識なんですね。(-_-;)


はっきりいいますが、

「仕事とプライベートを分ける」

を実践すればするほど、
どんどん楽しくなくなります。

なぜなら、これは

「自分の心に嘘をついて
 生きる時間を増やす」

ということと本来同じだからです。

あ、もちろん

「自分に嘘をついて生きる」

は全面否定はしませんよ?

一時的に、どうしても合わない人たちと
一緒に食事しなきゃいけなくなった。
今後その人たちとは基本会うことはない。

というときにまで、バカ正直に生きる
必要はないと思います。

「適当にごまかす」のも
人生の大事な処方箋だと思います。


ところが、職場の場合、
全然一時的なものではないですよね。

日常の大部分を占める人がほとんどですよね。

残業ゼロで月に160時間働くとしても、
年間で1920時間働くことになります。

こんなに長い時間、
自分に嘘をついて生きるのだとしたら
そりゃ当然息が詰まります。

ですから、まずは

「仕事とプライベートを分ける」

という「麻薬」をやめてみては
いかがでしょうか。

「麻薬」と書いたのは、
これが、本来の人間の生きる力を
奪っていくものだからです。


「仕事とプライベートを分けない」

という生き方は、大変なこともあります。

それは摩擦・衝突を恐れず
自分に嘘をつかない生き方です。

ですから、時にはケンカになったり、
攻撃されたり、仲が悪くなったり、
いろいろ不利益なことも起こります。

でもね。

その大変さを受け止めて、
それでも自分らしく生きていると、
人はたくましく成長します。

それは、

本音を話す勇気であったり、
こじれた時にどうにかする人間関係力であったり、
攻撃されてもめげない強さだったり、
本当の自分を受け入れてくれる人への感謝だったり、

そういったものが育ってきて、
あなたにさらなる生きる力が備わります。


まあ、いわゆる
人間関係の筋トレみたいなものですね。


ところが、

「仕事とプライベートを分ける」

という麻薬を使うとどうでしょうか?

目先の摩擦を避ける、
楽を選ぶことができる反面、
あなたの人間関係についての筋力は
どんどん衰えていきます。

それでも使い続けると、
ついには依存して
抜けられなくなるのです。

まさに人をダメにしていく
「麻薬」です。


このまま嘘をつき続けて生きますか?

もう、「麻薬」に頼るのはやめましょう。

大丈夫。

あなたは本当はちゃんと自分の心に正直に
生き抜く力を必ず持っています。

今は、長い間麻薬に囚われて、
一時的にその力が弱まってるにすぎません。

小学生をみてください。

かれらは本当に逞しい。

摩擦を恐れず親や友達と付き合い、
毎日自然な喜怒哀楽を味わって、
恒星のようにエネルギッシュです。

あれが、本当のあなたです。

どうか、

まずは簡単な第一歩だけでもいいから。

あなたの本当の言葉を
仕事かプライベートかに
関わらず言ってください。

最初は、

「愛想笑いをしない」

とか、

「行きたくない飲み会を断る」

とか、実践しやすいレベルからでも結構です。


どうかもっと、

あなたの気持ちを大切にしてあげてください。

あなたしか、あなたを大切にはできないんです。

どうか、どうか
摩擦とか人の目とか世間体とか
そんなものに負けず、

あなたのためにこそ
あなたらしく生きてください。

その時初めて、光が差します。
きっと道は開けます。


僕の周りには、そうやって
切り開いて笑顔になった人間が
たくさんいます。

誰一人として、元の状態よりも
悪くなっている人はいません。


だから、怖がらないで。
あなたにもその力が絶対にあるから。

絶対に。

あなたが幸せになることを
心から願っています。本当に。


>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)

==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




こんな小さな問いかけが幸せな働き方の入り口になる。

bsPAK151217468870

この記事は、すでにハッピーワークスタイルを実践しているI君に書いてもらったものです。

「記事書くの手伝って。(≧∇≦)」

て無茶振りしたら、協力してくれました。(笑)

僕のとはまた違ったテイストの良い記事なのでぜひ読んでみてください。(^ ^)


いや、ほんとうに良い記事だ。

・・・。

僕のより人気でたらどうしよう。。(-_-;)


はっ Σ(゚ロ゚;)

いや、そんなせこいこと考えてませんよ。ええ。

では、どうぞ。

-------

会社の中で他の部署に対して

・営業マンは外回りとか自由にできてていいなー
・開発の人は保守的なんだよなぁ
・庶務って結局雑用係でしょ?
・人事が良い人材とってこれないからうちの会社は・・・

なんて愚痴めいたことを
ついつい思ってしまう。

するとどうなるでしょうか?

トラブルがあったとき、
つい他部署に対してキツく言ってしまう。。

そして言われた方はどうでしょうか?

そんなにキツく言わなくても、、、と
モチベーションが下がってしまうかもしれません。

結果として成果がより下がるかもしれません。

ますますこっちも愚痴を言いたくなる。

するとますます言葉もキツくなる。。

というバッドスパイラルに・・・

もっとハッピーに仕事したいのに・・・

そうですよね。でもそんなとき、
こんな問を考えてみたとしたらどうでしょうか?

・もしその部署がなかったらどうなるんだろう?

・もしその部署にも大変なところがあったとしたら、どこなんだろう?

・その部署に感謝できることってなんだろう?


・・
・・・

どうでしょうか?

もしかしたら

営業マンに対して

・いやぁ、彼らがいなかったら新しい売上たたないよなー
・そうしたら、僕らの給与ってないよなー。

とか

・営業マンの人、トラブルの時の対応すごいよなぁ。
 俺だったらぶちきれちゃうもんなぁ・・・

とか、いろいろなことが思い浮かぶかもしれません。
そして、そうした感謝やおかげ様の気持ちを持って
他部署と接したらどうでしょうか?

普段から、

「おかげで、会社の売上創ってもらえてるよありがとう。」

そんなふうに声がけをしていたらどうでしょうか?

いざトラブルがあったときに、
キツくあたらずにすむかもしれません。

相手も日頃から感謝されているので
ここぞとばかりに頑張るかもしれません。

見事トラブルが解決したあかつきには
さらにこちらも感謝が増えるのではないでしょうか?

お互いがお互いの部署を尊敬して
感謝しあっている関係
それが幸せに働くには大切かもしれません。

そして、そのために自分ができることは

他部署に対して理解を深めること
感謝できるところを探していくこと

なのではないでしょうか?

明日からできる小さな一歩
はじめてみませんか?


>役に立ったなと思ったらここからシェアいただけると嬉しいです(^ ^)

==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?

1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




組織変革コンサルタント 信國 大輔
記事検索
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード