次世代型組織づくりのすすめ(セムコスタイル,Teal型組織,ホラクラシー,サーバントリーダーシップ)

ホラクラシー経営、Teal型組織、サーバントリーダシップ、ネットワーク型組織、ノマドワークスタイル。近年、このような次世代型の会社組織がじょじょに台頭し、組織変革コンサルを手がける当社でも次世代型の「びりかん式経営」を実践しています。このブログではそのノウハウをご紹介。

2016年03月

自己評価が低いとイライラが増える

-shared-img-thumb-PAK86_notebiz20131223_TP_V

 
今日のお話は、

「わりと仕事ができてしまう人」

に多いイライラです。

仕事ができるのに自己評価が低い
というタイプのお話。

このタイプは自分で仕事ができると
思っていないケースが多いので、
もしかしたら今これを見てる
あなたのことかもしれません。


仮にAさんの仕事レベルを
100としましょう。

LV100なのに、Aさんは自己評価が低いので
自分のことをLV5ぐらいと思い込んでいます。


するとどうなるか?

世の中にはAさんよりも仕事できない人が
溢れている構図になるのですが、Aさん
からすると、

「LV5の自分ですらできるのに
 なにをやってんだ!
 きっと仕事をいい加減にやっているに
 違いない!」

といって、自分よりレベルが低い人に
日々イライラすることになります。

Aさんにとっては、

LV5(=実際はLV100)が標準。

LV5(=実際はLV100)未満は、
生きる価値なし。

という感じですね。

なので、ほとんどの場合、
誰かと仕事をすると不満やストレスを
ためることになります。


一方、自己評価が適切なBさんは、
自分がLV100というのをよくわかってます。

なので、

「自分はLV100なのだから、
 世の中に溢れるLV50以下の人は
 僕の10分の1も仕事できれば十分。
 5分の1もできたらマジ絶賛だわ。」

と常々思ってますから、あまり周りの
ミスや遅延が気になりません。

むしろ、

「あー、みんなLV低いなりに
 頑張って偉いなー。」

ぐらいに思ってます。


もし今あなたが周りの人の仕事のできなさに
イライラしているのなら、一番大事なことは

「自分は優秀なんだ」

と認めることかもしれません。


==========================
編集後記
==========================

昨日は三女の幼稚園のお別れ会。

とうとう4月から幼稚園最後の
年長さんです。(^ ^)

ああ、ちっちゃくてかわいい
期間ももうあと数年かー。

今のうちにたっぷり
堪能しとこう。

え? 次?

いや、5人目はちょっと。。(^_^;)


>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




強く生きる方法とは? 依存を知り自立に至る。

-shared-img-thumb-AS03201408232_TP_V

前回「依存」に関わる記事を書きましたが、
なぜ僕らがついつい「依存」に
囚われてしまうかというと、心のどこかに

「依存したい」

と願っている気持ちがあるからです。

もっと分かりやすく言えば、

「甘えたい」

であり、その奥には

「愛されたい」
「認められたい」

という承認欲求が隠れています。


小さい頃に、親にたっぷり
甘えさせてもらった子供は、

「自分が愛されている=承認されている」

という自信をもっているため、
承認欲求がさほど強くないそうですが

「十分甘えさせてもらった」

と認識している人というのは意外と少なく、
承認欲求を強くもつ人がかなり多いように
感じます。


この承認欲求が強すぎると、
僕らが楽しく幸せに生きる上で
「依存にはまる」をはじめとして
色々と弊害が多くなってしまいます。

ではどうやってこの厄介な承認欲求を
適切なレベルまで下げられるのでしょうか。

実はこれは、ある意味構造としては
単純な話で、本当の現実は、

「すでにものすごく依存している」

というのを本人が認知することが、
その鍵となります。


心理的な悩みを持つ人に有効な手段の
1つとして「内観法」というものが
あります。

専用の研修所に1週間こもって、

・親からしていただいたこと
・周りに迷惑をおかけしたこと
・自分がお返しできたこと

というのをひたすら振り返るという
手法です。


この「内観法」が効果を発揮する仕組みを
考えればわかると思うのですが、つまり、
承認欲求が強すぎる人というのは、

依存させてもらってない
(=甘えさせてもらってない)

自分は愛されていない
認められていない

甘えたい・依存したい

常に依存を求めて、
振り回される弱い生き方になる


という構図なわけですから、
その根っこにある


「依存させてもらってない」


が、


「もうすでにめちゃくちゃ
 いろんなものに依存させて
 もらって今生きている」


と書きかわると、自然と
承認欲求が薄まるというわけです。

とはいえ、さて実際、事実として
僕らは、そんなに依存させて
もらってるのでしょうか?


結論からいえば、これはYESです。

本人が認知できていないだけで
まあ数え上げればキリがないほど
僕らは依存しまくって生きています。


その象徴みたいなものが親ですね。

産んでくれて、
おしめかえてくれて、
ご飯毎日作ってくれて、
生活費出してくれて、
学校入れてくれて、
お小遣いくれて。

数え上げればキリがありません。

さらに、視野を広げると
もっともっとあります。

僕らの生活インフラは
先人たちの知恵と努力の結晶の上に
なりたっています。

舗装された道路があり、
蛇口をひねったら飲める水がでて、
電話網が隅々まで行き渡り、
ガスも電気もどこにでも届き、
餓死する人が珍しいぐらい食料に
恵まれていて、
夜道を歩いても殺されない治安がある。

もっとあります。

僕らはそもそも酸素がないと
生きていけません。
つまり酸素に依存しています。

水がないと死にます。
水に依存しています。

心臓が動かなかったら
あっという間に死にます。
鼓動に依存しています。

視野を広げればそれこそ
数百数万の依存の中で
僕らは生かされています。

先ほど挙げた「内観法」は
つまり、僕らにそれを気づかせて
くれるわけですね。

そうするとどうなるか?

もうおわかりだと思いますが、


実は恐ろしいほどいろんなものに
依存させてもらっていると認知する
(=甘えさせてもらっている)

自分は愛されている
認められている

甘えや依存はこれ以上必要ない

自立した強い生き方ができる


という具合ですね。

依存していることを自覚することが
自立への道というのはなんとも皮肉な
話です。(^_^;)


もちろん実際には
こんなスムーズにはいかないので
眠っている怒りや悲しみを解放する
取り組みが必要ですが、とはいえ
大枠の構造を知っておくのも
今後あなたが楽しく幸せに生きる上で
とても大切かと思いましたので
今回は記事にさせていただきました。

参考になれば幸いです。(^ ^)


==========================
編集後記
==========================

ヒゲが濃いのが悩みで、
前々から行こう行こうと
思ってたんですが、先日とうとう
意を決して、クリニックへ
ひげ脱毛に行ってきました。

レーザー脱毛というやつでしたが、
そりゃーもう
めちゃくちゃ痛かったです。(T . T)

すでに一括で支払ったので
ヒゲなくなるまでこの地獄を
2年ほど繰り返します。

ツルツルお肌目指して、
がんばれ、おれ。(T ^ T)





>この記事が役に立ったなぁと思ったらこのリンクをクリックしてFacebookでシェアいただけると嬉しいです(^ ^)


>信國大輔のFacebookアカウントはこちらのリンクからご覧いただけます。いつでも友達申請歓迎ですのでよろしくお願いします。(≧∇≦)



==========================
認定講座のご案内
==========================

なぜあの人はいつも楽しそうに働いているのか?



1000人以上の社長と社員を笑顔にしてきた現役組織コンサルタントが教える

たった1日でどんな職場でも楽しく働けるようになる
1日集中ハッピーワークスタイルコミュニケーター認定講座

先着10名限定です。ご興味ある方はお早めに。(^ ^)

認定講座のお申込みはこちらから


↓楽しく働く方法をまず手軽に知りたい方は無料メール講座をぜひ活用ください。(^ ^)
side_btn_mail




組織変革コンサルタント 信國 大輔
記事検索
記事検索
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
QRコード
QRコード