17222

チームビルディング・組織創りにおいて最も重要なことはお互いをよく知る事(=相互理解)と前に書きましたが、この相互理解を進める上で大切なスキルがあります。耳を傾けて聴くという意味の「傾聴(けいちょう)」です。チームメンバーが傾聴のスキルを身につけると相互理解は驚くほど進みやすくなります。

ところが、ただ聴くだけと言ってもこの傾聴を本当の意味で身につけるのはかなり大変です。なぜなら我々は傾聴を阻害する「ジャッジメントの心理」を多かれ少なかれ持っているからです。

ジャッジメントの心理というのは、人の話が耳に入った時に自分の常識や信念や経験と照らし合わせて、それが「正しい」か「正しくない」かとジャッジして聴いてしまう状態です。多くの人はコミュニケーションを取る際にこのようなジャッジを無意識にやってしまっています。しかし、ジャッジしてしまうとそれが「正しくない」と判断した場合、どうしてもそれ以上深める事ができず思考停止してしまいます。

たとえば、わかりやすいところでいくと「僕は時間を守るのが嫌いだ。」というような話が耳に入った時です。多くの人は「時間は絶対守るべきものだ。遅刻は悪いことだ。」という強い常識を持っているので「それは正しくない」とジャッジします。そして一旦そのようにジャッジすると、その後の会話は「いかにこの不正を正してあげるか?」ばかりに目を奪われてしまいます。相手のその話を深く理解しようとする気持ちはどこかに飛んで行ってしまいます。

ジャッジメントをやめて傾聴のスタンスで聴く場合、まずは「なるほど。この人にとっては時間を守るというのはさほど重要ではないんだな。」と受け入れるところから始めます。そして、「この人がそれを重要としていない背景には何があるのだろう?」「時間を守ることを重視しないメリットというのも確かに存在するのかもな。」と、相手と会話しつつ深めていきます。そのような対話をすることによって相互理解が進んでいきます。

相互理解を進めるだけでなく、傾聴はそのチーム内に「どんなことでも受け入れてもらえる」という安心感を生み出します。そうすると、チームメンバーはよりオープンに話し合うことができるようになり、さらに相互理解に拍車をかけます。

チーム全体の傾聴スキルを高めたければ、まず自分自身がどんな事でも受け入れて聴くスタンスを実践することが大事です。個人差はありますが、基本的に人は自分が受け入れられたら相手も受け入れたくなるものです。そうやってあなた自身からお互いに受け入れあう文化をチーム内に作っていけばよいと思います。会社組織の話だけではありません。夫婦も親子も同じです。もしあなたが夫(妻)で妻(夫)との関係性を良くしたいと思うなら、まずあなたが相手を深く理解しようと聴き続ける事をお勧めします。

この記事が、あなたが周りとの素晴らしい関係を作り、より幸せへと近づく一助になることを願っています。
>>幸せな働き方を増やすためにぜひクリックしてこの記事をFacebookでシェアお願いします。


協会のビジョンやこの記事に共感し応援いただける方はこちらもクリックをお願いします。

side_btn_mail